UTA 教授の目的: 日常業務を支援するロボット – News Center

2022年11月4日金曜日 • ハーブブース:
コンタクト

フィリア・マケドン

テキサス大学アーリントン校のコンピューター サイエンス研究者は、脊髄損傷者が日常生活を送るのを助けるロボット システムを開発しており、UTA Movin’ Mavs 車いすバスケットボール チームのメンバーもその取り組みに参加しています。

コンピューター科学工学科の著名な教授である Fillia Makedon は、全米科学財団 (NSF) の Disability and Rehabilitation Engineering (DARE) プログラムから 218,000 ドルの助成金を受け取りました。 プロジェクト「共同研究: DARE: 麻痺のある人の認知疲労を評価する個人化された支援ロボット システム」は、サンタクララ大学の Maria Kyrarini 教授との共同研究であり、彼らの研究を見つけるために同様の規模の助成金を受け取りました。

「支援ロボットは、自宅で障害のある人を支援し、自立と日常生活の質を向上させる上で重要な役割を果たすことができます」と Makedon 氏は述べています。 「たとえば、ロボットは、運動障害を持つ個人が昼食を準備したり、会議や仕事の準備をしたりするなどのタスクを実行するのを支援する場合があります。 これは、何らかの支援を必要としているが、本格的な介護施設に入居する準備ができていない、または入居する意思がない高齢者にとって、大きなプラスになるでしょう。」

Makedon の目標は、料理などの作業中に人の認知疲労レベルを認識、評価、対応できる、安全支援のための Intelligent Robotic Cooperation (iRCSA) と彼女が名付けた、パーソナライズされた支援ロボット システムを設計することです。 これらのヒューマン ロボット コラボレーション (HRC) タスクを実行するために、Makedon と彼女のチームは、HRC タスク中に人間のチームメイトから顔の表情などの生理学的データを収集する多感覚システムを開発します。 その後、システムは高度な機械学習/深層学習手法を適用して、個人の認知疲労を自動的に評価します。

「認知疲労評価に基づいて、iRCSA システムは、パーソナライズされたサポートを提供するためにロボットの動作を適応させます」と Makedon 氏は述べています。 「私たちは、脊髄損傷者とロボットが簡単に協力して日常業務を実行できる、人間とロボットのコラボレーション シナリオを開発します。

「iRCSA の設計、開発、評価には、脊髄損傷に苦しむ学生をシステム設計に参加させる参加型アクション リサーチ アプローチに従います。 UTAのMovin Mavsバスケットボールチームは、プロジェクトの初期段階から参加します。 彼らの貴重な洞察とフィードバックは、提案されたシステムの受容性と使いやすさを確保するために不可欠です。」

Wendell H. Nedderman 寄贈教授でコンピューター科学工学科の主任である Hong Jiang 氏は、Makedon のプロジェクトは脊髄損傷や運動障害を持つ人々を大いに助けることができると語った。

「人々を助けるためにすぐに使用できるデータを収集して使用すると、人生を変える機会が得られます」と Jiang 氏は述べています。 「この助成金は、データ分析と人々の支援との間の重要なリンクを提供します。」

2006 年に UT Arlington に入学した Makedon は、ヒューマン コンピュータ インタラクション、ヒューマン ロボット インタラクション、パーベイシブ コンピューティング、機械学習、計算マルチメディア、コンピューティング障害、コグニティブ コンピューティングの分野の研究プロジェクトに対して、多くの NSF 助成金を受け取りました。

Heracleia Human-Centered Computing Laboratory は、高度な人工知能手法を適用して、人間の行動の監視、リスク評価、およびリハビリテーションのための技術を開発しています。 彼女はいくつかのジャーナル編集委員会のメンバーであり、国際会議 PETRA の議長を務めています。 彼女は現在、博士課程の学生、数人の研究学部生、および修士課程の学生の大規模なチームを監督しています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *