URI の国際工学プログラムは、グローバルな学習と関与のための全国モデル – URI ニュース

ロードアイランド州キングストン – 11 月 2022 年 1 月 17 日 – 1987 年、ロードアイランド大学は工学部の学生がグローバル市場での競争に備える方法を根本的に変えるプログラムを開始しました。

グローバル、学際的、経験的といった言葉が高等教育で一般的になるずっと前に、URI は 5 年間の国際工学プログラムを開始しました。 当初、学生は工学とドイツ語で同時に学士号を取得する機会がありましたが、30 年以上経った現在、学生は工学と中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、またはグローバル言語と地域研究の学位を組み合わせることができます。日本語に集中。

このプログラムは、今週、国際教育週間の一環として URI で祝われる多くのイベントの 1 つです。このイベントは、グローバルな教育と交流の機会を紹介することを目的としています。

グローバルな非営利団体である国際教育研究所によると、URI の国際工学プログラムは依然としてこの種の主要なプログラムであり、次のように述べています。全国。」

ドイツ語教授でプログラムのエグゼクティブ ディレクターであるシグリッド ベルカは、次のように述べています。 「彼らは、何を達成し、二重の教育トラックと海外での没頭をどのように最大限に活用するかという点で、インスピレーションを与えてくれます。 現在、ヨーロッパとアジアに 41 人の学生がいますが、国際教育週間の一環として本日開催された「Voices from Abroad」パネルで、2023 ~ 2024 年に向けて準備を進めている次世代と知恵を分かち合う学生が何人かいるのを幸運にも聞きました。

「私たちは、大規模なグローバル企業ネットワークと、URI と海外のパートナー大学の両方からの非常に熱心な卒業生から恩恵を受けています。彼らは、それぞれの国での今後の 6 か月のインターンシップのために学生をホストするために信頼できます。」

プログラムの卒業生の 100% が 1 暦年で国外に留学し、工学部の学生のわずか 0.1% に過ぎません。900 人以上の学生がその歴史を通じて海外でインターンシップを確保しています。 このプログラムはまた、国内のエンジニアリングの傾向よりも多様な学生集団を引き付けており、入学者の 32% が女性で構成されています。

International Engineering Program は、URI 独自の代表的な国際プログラムです。 グローバル イニシアチブの暫定副学長であるクリスティン ジョンソンは、次のように述べています。 . .

この長期留学モデルに続く特徴的な語学集中プログラムには、中国語フラッグシップ プログラム、国際ビジネス プログラム、国際コンピューター サイエンス プログラム、国際研究および外交プログラム、国際薬学プログラム、テキスタイル、ファッション マーチャンダイジングおよびデザイン プログラムが含まれます。

学生は、プログラムが自分のために何をしているかについて自分の話をします

10 代の頃、Kevin Suggs はアニメ、エレクトロニクス、エンジニアリングのファンでした。 URI の国際工学プログラムの学生として、彼は工学への興味を追求するために、アニメを制作した場所である日本に留学しています。

「URIには強力なエンジニアリングプログラムがあり、州内の授業料により、URIがより実現可能な選択肢になることを知っていました」とSuggs氏は言いました. 「オリエンテーションで国際工学プログラムのことを知り、日本語の選択肢があることに気づいたので、その機会をつかみました。」

9 月、5 年生の学生は、コンピューター工学と日本語の学士号の取得の一環として日本に向かいました。 秋学期には、日本の福岡にある九州大学での人文科学と語学の授業が含まれます。 春学期には、研究を行ったり、日本の企業でインターンとして働く予定です。

Suggs は、Boren Scholarship と Beatrice S. Demers Foreign Language Fellowship の両方を受賞しています。 7 人の URI の学生が、米国の大学生に提供される最も権威のある留学賞である Boren Awards を受賞し、2022 年の Boren 受賞者数で全米で 6 番目になりました。

6 月、1 年間の海外留学に向けて出発する前でさえ、Suggs はキャンパスでチャンスをつかみました。 日本の技術者チームが URI の島津工学研究コア施設に新しい電子プローブ マイクロアナライザーを設置したとき、Suggs は通訳として入隊しました。 日本の島津製作所のエンジニアである本山誠は、そのチームの一員でした。 Suggs は URI の Fascitelli Center for Advanced Engineering で 2 週間を過ごし、本山と彼のアメリカ人のカウンターパートの通訳をしました。

「この経験により、日本語に対する自信が向上しました」と Suggs 氏は言います。 「この言語で自分の長所と短所を正確に特定できたので、日本での生活、勉強、仕事に向けてより効果的に準備することができました。」

Suggs は、不利な背景を持つロードアイランド州の高校生のための特別プログラムである才能開発プログラムの参加者として URI で勉強を始めました。

「才能開発は私の大学でのキャリアにおいて大きなリソースでした」と彼は言いました。 「このプログラムは、私が成功への道を歩み続けるのに役立ち、助成金で経済的にも助けてくれました。 チェックインしたアドバイザーがいて、彼は私のクラスと私の健康に役立つリソースに案内してくれました。」

現在の日本での経験が自分をどこへ導くのか、サッグスは確信が持てませんが、可能性にはオープンです。 「アメリカか日本でエンジニアとして働きたい」と彼は言った。 「私がコンピュータ エンジニアリングで最も気に入っているのは、その汎用性です。 ソフトウェア、ハードウェア、建築など、さまざまなキャリア パスがあります。 テクノロジーはとてもクールで面白いと思うので、何らかの形でそれに貢献したいと思っています。」

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *