Root Applied Sciences のフィールド内うどんこ病センサーは、お金と環境を節約します

ウドンコ病は北米東部で発生し、1800 年代に世界中のすべてのワイン生産地域に広がり、世界のブドウ栽培における最大の懸念事項の 1 つになりました。

未処理のままにしておくと、ウドンコ病は影響を受けやすく、ブドウの木の収量が大幅に減少する可能性があります。

うどんこ病の予防と治療のコストは相当なものです (生産の総価値の 37% にもなります)。 うどんこ病を防ぐために年に何度もブドウ畑に化学薬品を散布すると、通常、1 シーズンあたり 1 エーカーあたり約 700 ドルかかります。

生産者は感染したブドウの木を剪定することができますが、ブドウを探してうどんこ病の物質を取り除くことは、すでにストレスを感じているチームにとって時間がかかります. 他の生産者は、ある程度のウドンコ病を受け入れて、あまり警戒していません。

Root Applied Sciences (「Root」) の CEO である Sarah Placella 博士は、栽培者がこれらのコストを削減できるように 2018 年に会社を設立しました。 彼女のインスピレーションは、「私はたくさんスプレーしますが、空気中にうどんこ病が見えないので、いつスプレーするかわからない」と彼女に言ったワインメーカーでした.

彼女のソリューションは、ウドンコ病の胞子について空気を監視し、病原体の存在と量をブドウ栽培者に警告する一連の現場センサーであり、病原体の拡散を防ぐために適時に殺菌剤を散布できる. ルートは、ブドウ園全体にセンサーを配置して、生育期の空気中の粒子を継続的に監視するサブスクリプション サービスを提供しています。 サンプルは遠心分離管に取り込まれ、栽培者はテストのために週に 2 回、Root Applied Sciences の研究所に送られます。 ルートは、2024 年に向けて完全に自動化されたシステムを開発しています。

「Root のセンサーからのデータにより、生産者は植物にウドンコ病の最初の兆候が現れる 10 日前に知ることができます」と Placella 氏は言います。 」

Root Applied Sciences の病原体監視サービスは、予防的な殺菌剤の使用の必要性を半分に減らします。

うどんこ病の散布は、それを処理するよりも安価なオプションですが、それでも費用がかかるため、農薬を散布する頻度を25〜75%削減するソリューションは、栽培者にとって賢明な経済的決定です.

地元の生産者は、ルートのアプローチのもう 1 つの利点である持続可能性に特に関心を持っています。 栽培者が農薬を散布する回数を減らすことは、環境と農場労働者にとってより良いことです. 噴霧をなくすことで、トラクターの通過を減らし、燃料の使用量と CO2 排出量を削減すると同時に、土壌の圧縮を減らし、酸素のエア ポケットの損失を防ぎ、ブドウの木が養分を得やすくします。 最後に、有機栽培者とネイティブの発酵ワインメーカーは、ルートのアプローチの別の利点にも関心を持っています.

WIN Expo の Root Applied Sciences ブース 107 にアクセスして、Dr. サラ・プラセラ博士. Root’s の植物病理学者である Julian Bello-Rodriguez と他のチーム メンバーが、うどんこ病と闘いながらお金と環境を節約する方法について学びます。

ルート応用科学
WINエキスポブース: 107

カテゴリ別WIN Expo出展者:

ビジネス管理

人事

インフラストラクチャー

ロジスティクス

マーケティング

包装

製造

制作サービス

販売

テイスティングルーム

ブドウ園/栽培

ワイン醸造/醸造学

ノース コースト ワイン インダストリー エキスポ – WIN Expo – 2022 年 12 月 1 日木曜日、カリフォルニア州サンタローザのソノマ カウンティ フェアグラウンズで開催。

出展者一覧 | 登録して参加する

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *