COP27 | 交渉担当者は「損失と損害」について合意に達した、とモルディブ環境大臣は言う

交渉担当者は、国連の気候交渉の最も厄介な問題、豊かな国の炭素汚染によって悪化した異常気象の犠牲者である貧しい国を補償するための基金の創設について、画期的な合意に達した可能性があると述べています.

モルディブのアミナート・シャウナ環境相は土曜日、AP通信に対し、「損失と損害に関する合意がある」と、交渉担当者はこれをコンセプトと呼んでいると語った。 今日の投票で全会一致で承認される必要があります。 「これは、私たちのような国にとって、私たちが提唱してきた解決策の寄せ集めがあることを意味します。」

土曜日の午後の草案は、エジプト大統領府からのものでした。 気候交渉のリーダーからの 2 番目の重要な文書は、石油と天然ガスを段階的に削減するというインドの呼びかけに加えて、「衰えない」石炭から世界を引き離すという昨年の合意に加えて、無視しています。

補償案の草案によれば、この問題は専門用語で「損失と損害」と呼ばれる交渉であるが、先進国はこの基金に貢献するよう「促され」、国際資金などの他の民間および公的資金源も利用することになる。金融機関。 会談では、熱を閉じ込めるガスの歴史的な排出にほとんど貢献していない世界の最貧国が、そのような基金を主張することで団結しました。

エジプト代表団を率いるワエル・アブルマグド氏は、「重要な成果を達成することができました。 「私たちはそこに到達していると思います。」

しかし、この提案は、中国などの主要な新たな紛争が基金に貢献しなければならないことを示唆していません。これは、欧州連合と米国の主要な要求でした.

それはまた、新しい基金の創設を、排出量を削減するための努力の増加と結び付けたり、ヨーロッパ人からの以前の提案であった、最も脆弱な国への資金提供の受領者を制限したりするものではありません.

エジプト大統領府が発表した 2 つの草案は、排出削減を強化する取り組みと今年の交渉の包括的な決定に関するもので、昨年グラスゴーで合意された内容にほとんど基づいていません。

文書には、地球温暖化を「摂氏 2 度 (華氏 3.6 華氏) をはるかに下回る」に抑えるというパリ協定のそれほど野心的ではない目標への言及が残されているが、科学者はこれはリスクが高すぎると述べている。

彼らはまた、気候変動のより極端な影響のいくつかを防ぐより野心的な1.5C(2.7F)の目標を達成するために必要であると専門家が言う、開発途上国または先進国のための新しい短期目標を示唆していません.

「損失と損害」は、2 週間の会談で最も重要な問題でした。

EU は数日前に、気候災害のための基金を 2015 年のパリ気候協定が要求するものを超える排出削減に結びつけるという驚きの提案をしました。 この画期的な協定は、地球の気温上昇を野心的な摂氏 1.5 度 (華氏 2.7 度) に制限することを目的としており、今年の変更は努力を強化しないと解釈することはできません。

COP27 として知られる会議は 2 週間前に開かれ、金曜日に終了する予定でしたが、週末まで長引くように見えます。

土曜日の早い段階で、政府代表団と会議のエジプトのホストはお互いに指を差した。

ドイツのアナレナ・ベアボック外相は、会談の運命に対する責任は「現在、エジプトの COP 議長国にある」と述べた。

彼女は、欧州連合が一夜にして、「摂氏1.5度の目標を埋めてしまうような、摂氏1.5度の道から大幅に逸脱する文書にここで署名しない」ことを明らかにしたと述べた。

「これらの気候会議が私たちを後退させたなら、そもそもここに旅行する必要はなかったでしょう」と彼女は言いました.

サミットの議長を務めたエジプトのサメ・シュクリ外相は、非難をそらした。

「この問題は現在、当事者の意思にかかっています」とShukry氏は記者会見で述べた。 「この機会に立ち上がって、収束の領域を見つけて前進する責任を自ら負わなければならないのは当事者です。」

彼は、コンセンサスに達するために「すべてが必要な柔軟性を示さなければならない」と付け加え、エジプトは単に「このプロセスを促進している」だけだと付け加えた。

別の後退として、米国のトップ気候特使であるジョン・ケリーはCOVID-19の検査で陽性でしたが、軽度の症状しかなく、交渉チームや外国のカウンターパートと電話で取り組んでいると、彼のスポークスマンは金曜日遅くに述べました。

気候サミットを通じて、アメリカ、中国、インド、サウジアラビアの代表団は目立たないようにしているが、ヨーロッパ、アフリカ、パキスタン、小さな島嶼国はより声高に発言している。

損失と損害と呼ばれる問題をめぐる重要な問題が残っています。 世界の最貧国は、西側の炭素汚染国に対し、パキスタンやその壊滅的な洪水などの極端な気候によって被害を受けた国々に補償するための基金を設立するよう主張している。

アイルランドのイーモン・ライアン環境相は、損失と損害に関する主要交渉者の一人で、「ある国が他の国に、あるブロックが別のブロックに反対している場合、これらの交渉はうまくいかないだろう」と述べた。 「それが機能する唯一の方法は、私たちが協力して腰を下ろし、共通の危機に瀕しており、唯一の解決策が良い解決策になる可能性があるため、共通の原因があることを認識することです。」

気候保護団体パワーシフト・アフリカのモハメド・アドウは、米国と欧州連合を非難し、「彼らは現在、シャルム・エル・シェイクからの連帯の成果の提供を妨げ、遅らせている2つの政党グループである」と述べた。

「私たちは今、損失と損害の基金を得るのに非常に近づいていると言わなければなりません。そのため、歴史的に最大の汚染者の1人が立ち去ろうとしているのを見ています。」

米国はその姿勢を少し変えた可能性があり、損害賠償基金の設立をより進んで受け入れるように見えるが、現在、その基金がどこでどのように管理され、誰が資金を投入するかについての分割があると、ワスコウ氏は述べた.

40,000 人を超える参加者の多くが町を去り、従業員は広大な会議ゾーンにある広大なパビリオンを片付け始めました。

COP 会議は、多くの国や業界団体が会議やパネル ディスカッション用のブースやディスプレイを設置して、見本市に似た形で長年にわたって進化してきました。

多くのスタンドでは、椅子がきれいに積み上げられ、モニターが取り外され、壁からケーブルがぶら下がっていました。 パンフレットや小冊子がテーブルや床に散らばっていました。 エジプトの主催者が週末まで営業を続けると言ったスナックバーは空っぽだった。

若い活動家の集まる場所であるユースパビリオンでは、子供たちから交渉担当者への手書きのはがきの山がテーブルの上に残されていました。

「親愛なる COP27 交渉担当者の皆様」と 1 枚のカードを読み上げます。 「良い地球のために戦い続けてください。」

近くの開いたドアから時折突風が吹き、カードの一部が床に吹き飛ばされました。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *