Caterpillar と Deere は、技術人材の発掘で Google と Amazon に戦いを挑む

最近、重機メーカーは、厳しい雇用市場で才能を求めているため、求職活動を行っています。 もう 1 つの大きな違いは、Cat の採用活動の焦点です。同社は現在、産業工学の卒業生とともに技術系の人材を求めています。

Cat は最近、キャタピラーの従業員と顧客が使用する Web サイトとモバイル アプリを設計している、アブダビ出身の U of I コンピューター エンジニアである Pooja Bhagchandani を採用しました。 彼女は 2021 年に同社のシカゴに拠点を置くデジタル オペレーションでインターンシップを行い、昨年の夏にフルタイムで採用されました。

「Amazon がテクノロジー企業であることは誰もが知っていますが、Caterpillar が多くのテクノロジーに関与していることは誰もが知っているわけではありません」と Bhagchandani 氏は言います。 「U of I の人々は、Cat Digital が行うことと Caterpillar が行うことを区別することを学んでいます。」

Cat などの産業企業は、U of I から機械工学および電気工学のエンジニアを採用してきた長い歴史があります。デジタル製品を開発します。 その結果、彼らは伝統的な業界ライバルと才能を競うだけでなく、ソフトウェア コーダーやデータ サイエンティストをめぐって Google、Amazon、Microsoft とも競争しています。

「私たちは U of I と素晴らしい関係を築いていましたが、コンピューター サイエンスの学生は参加していませんでした」 「学生たちは、Cat をコンピュータ サイエンスのスキルを習得するための場所とは考えていませんでした。 私たちは自分たちのストーリーをよりよく伝えることに取り組まなければなりませんでした。」

Caterpillar と Deere はより頻繁にキャンパスに足を踏み入れ、シカゴに店を構えることで仕事をより魅力的にしています。 その結果、需要の高いスキルを持つ学生に、海岸に行くのではなくイリノイ州にとどまる理由を与えながら、彼らは独自の採用ニーズを満たすことに成功しています。

「これまで、私たちは焦点を当てていませんでした。 私たちは学生たちに、私たちは素晴らしい雇用主だと言っていたものです」と Cline 氏は言います。 「私たちは募集イベントに参加していましたが、意図的ではありませんでした。」

U of I Research Park で他の大企業と並んで長い間存在感を示してきた Cat は、ハッカソンなどのイベントを後援したり、スタッフをキャンパスに招いてテック トークを行ったり、リクルート イベントを超えて学生と会ったりすることで、リクルートを強化しました。

3 年前、Redzic は、U of I のアーバナ キャンパスとシカゴ キャンパス、ミシガン大学、ウィスコンシン大学、ミネソタ大学、ノースウェスタン大学、パデュー大学のコンピューター サイエンス プログラムを対象としたインターンシップ キャンペーンを開始しました。

2019 年以来、Cat Digital は 132 人のインターンと 64 人の新卒者を正社員として採用しています。 インターン生の 4 分の 3 は、ターゲットにした中西部の 7 つの学校から来ています。 これらの学校からのフルタイムの雇用者数は 3 倍以上になりました。

「CS 分野ではあまり知られていない大企業がたくさんあります」と、Cat と Deere が最近パートナーになった Purdue のコンピューター サイエンス部門の企業関係を管理する Sally Luzader は言います。 「Cat や John Deere のような企業を例にとると、10 年前にはそのような専門知識はそれほど必要ではありませんでした。 または、多くの IT 機能をアウトソーシングして社内に持ち帰っています。」

Cat と Deere は、Google や Microsoft などの大手テクノロジー企業がパンデミックの際に仮想採用にさらに依存し始めたのと同じように、キャンパスで電話をかけ始めたと彼女は付け加えます。 大手テクノロジー企業が人員を削減したり採用を遅らせたりする中、製造業の企業はより多くの人材を獲得するチャンスがあります。

「キャリア フェアへの参加やハッカソンへの参加など、従来の採用戦略は、幅広い CS オーディエンスの前でブランドを維持するのに最適ですが、企業は採用の武器庫にさらに的を絞った活動を追加していることにも気付きました」と Cynthia Coleman 氏は言います。 U of I のコンピューター サイエンス部門の対外関係担当ディレクター。

キャンパスに存在することで違いが生まれる、と Bhagchandani は言います。 「その採用担当者に直接会う機会がなかったら、Caterpillar に入社することにそれほど熱心ではなかったかもしれません。」

学生が住みたいと思う場所に企業が店舗を構えることも同様に重要です。 Cat Digital は 2016 年にシカゴで設立されました。Moline に本拠を置く Deere は最近、Google から通りを上ったフルトン マーケットにテクノロジー オフィスを開設し、年末までに 150 人の技術者を雇用する予定です。

Deere の情報技術担当副社長である Siva Ganesh は、次のように述べています。 「その才能の一部をクワッドシティに上陸させることができませんでした。」

Cat と同様に、Deere は、同社のイノベーション センターの 1 つである U of I Research Park に拠点を置いています。

両社は、シャンペーン アーバナの学生に 1 学期シカゴで働く機会を与える U of I の City Scholars Program も利用しています。 5 年前に開始して以来、300 人を超える学生が 50 社の企業でインターンシップを行っています。

「ここシカゴの選択肢は、アーバナ、デモイン、またはモリーンよりも優れています」と、Deere で仮想現実アプリケーションに取り組んでいるジュニア コンピューター サイエンス専攻の Arnav Shah は言います。 「私はここでたくさんネットワークを築きます。」

ただし、このプログラムがトップの技術者が海岸に向かう傾向を逆転させるかどうかは明らかではありません. アーバナ シャンペーン校のコンピューター サイエンス卒業生を対象とした最近の U of I 調査では、38% が卒業後もイリノイ州に留まり、28% がカリフォルニア州で就職し、22% がワシントン州で就職したことがわかりました。

6月にコンピューター工学の学位を取得して卒業し、ボストン、ニューヨーク、シアトル、サンフランシスコだけでなく、シカゴにも多くの仲間がいるバグチャンダニ氏は、それが変わる可能性があると信じる理由があると述べています. 「COVID で劇的に変化したこと: 仕事がどこにあるのかということではありませんでした。 それはあなたがしていた仕事の種類についてでした。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *