ASU はエネルギー、二酸化炭素回収ソリューションの専門知識を COP27 グローバル気候会議にもたらします

2022 年 11 月 18 日

COP27、国連の年次気候サミットでは、アリゾナ州立大学のメンバーが、気候交渉と解決策の最前線で世界中のリーダーや政策立案者に加わりました.

COP27 は 11 月から開催されます。 エジプトのシャルム エル シェイクで 6 ~ 18 日に世界が集まり、地球が 2015 年のパリ協定の条件を超えないようにすることを目的としています。 今年のASUの存在は、世界的な気候危機に対する大学のコミットメントと貢献を示しています。

ASU は COP27 で、パネルやプレゼンテーションを含む 15 以上のイベントを主催しました。 写真提供:Sayfe Kiaei
フルイメージをダウンロード

ピーター・シュロッサー副社長兼副学長 ジュリー・アン・リグレー グローバル・フューチャーズ・ラボラトリー ASU で彼女は、COP27 への大学の参加は、ASU の専門知識を世界規模にもたらす上で最も重要であると述べました。 彼は、グローバルな問題に取り組む唯一の方法は、グローバルな議論に参加して理解を深め、選択肢と解決策の実施につながる関係を築くことだと強調しました。

「COP は、気候変動の解決策を議論し、交渉するための最も重要な場所または手段の 1 つです」と、会議で ASU の教職員と指導者のグループの 1 人である Schlosser 氏は述べました。 「2 つの方法で COP での存在感を高めたいと考えています」と Schlosser 氏は述べています。 「私たちは自分たちの知識を議論に取り入れたいと思っています。また、収集すべき最も重要な知識は何かについて、議論から情報を得たいと思っています。」

ASU はさまざまな方法で COP27 に参加しています。これには 10 Must Haves イニシアチブの立ち上げ、初のグローバル フューチャーズ カンファレンスの結果報告書が含まれます。 11月 12. COP27 における大学の存在感は、主に、交渉室、パビリオン、オフィス スペース、サイド イベント スペースを備えたイベントの「ブルー ゾーン」で感じられます。

ASU の参加者は、パートナー組織の学生、卒業生、特別ゲスト、グローバル フューチャーズ ラボの教職員を含む 15 人を超える ASU コミュニティ メンバーで構成されています。 サンダーバード スクール オブ グローバル マネジメント およびアイラ A. フルトン スクール オブ エンジニアリング。

重要な「必需品」と将来のための新しい洞察を提示

11月。 12 日、Julie Ann Wrigley Global Futures Laboratory は、2 つの重要なレポートのリリースに焦点を当てました。 最初は「気候科学における10の新しい洞察」(10NICS)、著者 地球リーグ、その中でシュロッサーは共同議長であり、 フューチャーアース そしてその 世界気候研究プログラム. 10NICS の報告書は、気候科学と解決策の動向と発見に注目し、COP の交渉担当者やその他の利害関係者による行動のための勧告を策定しています。

そのプレゼンテーションの直後に、 Schlosser と Johan Rockström のディレクター ポツダム気候影響研究所、発表した 10 の必需品 主導権。 イニシアチブ だった これは、9 月に ASU のグローバル フューチャーズ ラボラトリーとアース リーグが共同で主催したグローバル フューチャーズ カンファレンスで作成され、地球上の生命の持続可能な未来を確保するための実行可能な「必須」および「必須」のガイドラインを提供するものです。 プレゼンテーションは、 ASUが共催する1.5パビリオンへの道。

「10 の必需品と 10NICS は、厳格な共同制作プロセスを通じて導き出されたものであり、世界で最も差し迫った課題に取り組んでいる人々が成果にアクセスでき、実行できるように努力しているため、私たちの取り組みを非常に誇りに思っています。」クレア・エドワーズ氏は、Earth League および Global Futures Laboratory の研究科学者であり、10 の必需品の主要コーディネーターであり、COP27 に出席しました。 「私たちは皆現場にいて、それらのつながりを築き、ASUで行っている仕事を実用的で影響力のある用途に配置しています。」

Peter Schlosser と Amanda Ellis が COP27 のパネルに参加。

Julie Ann Wrigley Global Futures Laboratory の Amanda Ellis (左端) と Peter Schlosser (右端) は、COP27 を通じてパネル ディスカッションやその他のサイド イベントに参加しました。 写真提供:Julie Ann Wrigley Global Futures Laboratory

私たちの未来を確保するための障壁を克服する

ASUのグローバル・フューチャーズ・ラボラトリーのグローバル・パートナーシップおよびネットワークのシニア・ディレクターであるアマンダ・エリスは、次のように述べています。 「これは、私たちの専門家である教職員が、彼らが関与してきた進歩について話す機会です。」

元ニュージーランド国連大使のエリスは、COP27 期間中の複数のイベントでモデレートと講演を行っています。 彼女は、会議は変化を実現するためのプラットフォームですが、課題がないわけではないと述べました。

「何年にもわたる交渉の末、2015年に195の締約国が最終的に気候変動へのグローバルなアプローチに合意したという事実は、非常に前向きです」とエリスは述べました。 しかし、国ごとに決定された拠出金に対する世界的な強制メカニズムがないという事実は、これが完全ではないプロセスであることを意味します. 最もダメージを与えている人が多くのことを回避し、ダメージが最も少ない人が最も大きな影響を受けているのを見ています。」

Schlosser 氏は、他の複雑なシステムと同様に、COP も完璧ではない可能性があると述べています。 しかし、彼は COP27 から得られる会話について楽観的です。

「あらゆる種類の政治プロセスは多面的です」とシュロッサーは言いました。 「欠点はあるものの、COP を善意のある交換のプラットフォームと見なす必要があります。」

エリス氏は、これらの善意が COP27 で実現することを望んでいると述べました。COP27 では、グローバル フューチャーズ ラボ内の専門家や他の ASU 加盟組織の研究が展示され、実用的なグローバル ソリューションに貢献します。

「先住民族の知識に根ざし、新興技術を利用する、公正で再生可能なグローバルな未来のアイデアは、私にとって非常に希望的です」とエリスは言いました。 「私は、ASU の私たちのグループを解決策の動員者および乗数者と見なしています。」

場所と影響

サイフェ・キアエイ監督 USAID が資金提供するセンター オブ エクセレンス フォー エネルギー エジプトでは、ASU 以外の代表団とともに COP27 に参加しています。 Kiaei は ASU の教授です。 電気、コンピューター、エネルギー工学部 Ira A. Fulton Schools of Engineering の Connection One Center のディレクターを務めました。

エネルギー分野での彼の仕事は、COP 以外にも彼を何度もエジプトに連れて行った。会議の場所は、ASU などの機関がエジプト内外の機関により多くの支援を提供することを可能にしていると彼は述べた。

「エジプトはエネルギー分野で大きな役割を果たしており、その地域の主要国の 1 つです」と Kiaei 氏は述べています。 「ここに来ると、大都市で深刻な公害やその他の問題が見られます。 より多くのサポートが必要な場所に来ることは影響を与え、ここで変化を起こすことは国内的にも国際的にも影響を与えるでしょう。」

彼は、大学がCOP27でそのような役割を果たすことを可能にするために、気候、炭素回収、エネルギーなどの問題に関するASUの教職員からの貢献が重要であり、必要であると述べました.

「COPの結果は非常に重要です。 ここにいて、貢献する価値があります。 ここにいないことは、私たちに許されることではありません。」

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *