500 万ドルの USDA 助成金がイリノイ州主導の革新的なカバー作付けプロジェクトに資金提供 | コンピュータサイエンス

米国農務省 (USDA) は最近、イリノイ大学アーバナ シャンペーン校が主導する新しいプロジェクトに資金を提供していると発表しました。

ギリッシュ・チョウダリー

「iCOVER: ロボティクスを使用して十分なサービスを受けていない農家のための革新的なカバークロップの機会、検証、および経済を刺激する技術」と題されたこの 4,999,999 ドルの 4 年間のプロジェクトは、USDA の気候スマート商品プログラムのためのパートナーシップを通じて資金提供され、持続可能性研究所を通じて促進されました。 、エネルギーと環境 (iSEE) がイリノイ州で開催されました。 このプロジェクトは、革新的な放射線ロボットセンシング技術を通じて、ロボットによる被覆作物の植え付けと土壌炭素検証を拡大し、特殊な作物や動物製品を栽培しているマイノリティーの十分なサービスを受けていない農家のために、気候に配慮した製品の市場を創出します。

「カバークロッピングは、一年中土壌中により多くの炭素を確保し、栄養素をそれらが属する場所に維持し、大気から遠ざけることにより、農家と環境にとって非常に有益です」と、農業および生物工学およびコンピューターサイエンスの准教授である主任研究員のGirish Chowdharyは述べました。 . 「しかし、カバークロップの採用には3つの大きなボトルネックがあります。高コストと植え付けの手間。 遅くて費用のかかる土壌炭素測定。 農家の投資収益率が低い。

iCOVER は、自律型農業とセンシング技術をスケールアップして、被覆作物の植栽のコストと労働力の負担を軽減し、正確、迅速、低コストの土壌測定を可能にし、多様な農業従事者にクライメート スマートな利益をもたらす市場のつながりを探ります。 」

その他の U of I プロジェクト メンバーには、共同主任研究者の Angela Di Fulvio 助教授 (原子力、プラズマ、放射線工学 (NPRE)) と、Shadi Atallah 准教授 (農業および消費者経済学) が含まれます。 Chowdhary、Di Fulvio、および Atallah はすべて、Center for Digital Agriculture (CDA)、National Center for Supercomputing Applications (NCSA) の一部です。 外部パートナーには、タスキーギ大学、EarthSense, Inc.、Archer Daniels Midland (ADM)、Corteva、Indigo Ag が含まれます。

夏のとうもろこしの生育期には、ロボットの植物が作物を覆っています。
夏のとうもろこしの生育期には、ロボットの植物が作物を覆っています。

アラバマ州、イリノイ州、インディアナ州、ミズーリ州、アイオワ州のサイトで、チームは、1 年目の 1,000 エーカーから 4 年目の 20,000 エーカーにロボットによる覆い作物の植え付けをスケールアップし、1 エーカーあたりのコストを 10 ドル未満にすることを計画しています。 さらに、このチームは、歴史的に黒人の土地助成を受けた大学であるタスキーギと協力して、土壌炭素のロボットによる高解像度測定を可能にし、特殊な作物や動物製品を栽培しているマイノリティーで十分なサービスを受けていない農家のための気候に配慮したプロジェクトの市場を作ります。

「また、ADM、Cargill、Nori などのサプライ チェーン パートナーと協力して、カバークロップの作付けコストの削減、検証可能性の向上、二酸化炭素排出量の証明の増加が農家の収入に及ぼす影響を短期的に定量化します。長期的には、気候に配慮した商品と農産物です。」 「iSEE、CDA、および NCSA の物流および提案サポートに感謝します。 私たちの農場スペースを確保してくれたACESの大学に。 そして、このプロジェクトへのコミットメントに対して、Tuskegee と私たちの企業パートナーに感謝します。」

詳細については、iCOVER Web ページをご覧ください。


12月号を読んでください。 12 米国農務省の発表。

iSEEのオリジナルストーリーを読む。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *