萌え、ウィルキンソンは、エネルギー、環境政策に関する対立ではなく協力を語る

サスカチュワン州のスコット モー首相と連邦天然資源大臣のジョナサン ウィルキンソン氏は、政府の 2 つのレベルが環境とエネルギーの政策を進める中で、協力と対話を呼びかけています。

萌の政府は、特にエネルギーと気候政策に関して、近年、連邦政府と時々激動の関係を築いてきました.

水曜日に、彼はより協調的なトーンをほのめかしています。

「連邦政府から新しいトーンがあれば、環境に配慮しながら、手頃な価格のエネルギー、手頃な価格のエネルギー安全保障、およびサスカチュワン州の住民、カナダ人、北米人のための食料安全保障を確保するために協力するというトーンです。 —私たちはそれらの会話ができてうれしいです。」

モエ氏は、同州の最近のサスカチュワン第一法と先行する白書は、天然資源に対する自治権を概説するという同州の意図を示すものであると述べた。

「私たちは州の管轄権がどこにあるかを知っています。それらの線がどこにあるかを知っています。それらの線が侵害されていると感じた場合、それらの線を擁護します。しかし、連邦政府が喜んで協力し、協力する場合、私たちは常にそうします。彼らと協力してください。」

萌は、それはサスカチュワン対オタワの問題ではないと言いました。

「私たちが政府に仕えているか、業界の1つに関与しているかにかかわらず、私たちは最初にすべてのカナダ人であるという時点に戻る必要があると思います.

連邦大臣は、双方からの「レトリック」の停止を要求します

ジョナサン・ウィルキンソン天然資源連邦大臣は水曜日にレジャイナにいて、州政府の大臣と会談した.

ウィルキンソンは、レジーナの南東約 3 キロメートルにあるカウセス ファースト ネーション保護区にあるアワシス ソーラー プロジェクトの公式オープニングに出席しました。

SaskPower は、このプロジェクトが州のグリッドに 10 メガワットの太陽エネルギーを提供すると述べました。これは、年間平均 2,500 世帯に電力を供給するのに十分な量です。

ウィルキンソンは、最近のサスカチュワン第一法と州政府の白書について尋ねられました。

「私はサスカチュワン州第一法を読みました。おそらく、かなり前に私がサスカチュワン州を代表して憲法について実際に交渉したことから始めるべきでしょう。ですから、憲法がどのように機能するかについてはよく知っています」と彼は言いました。

「州が連邦の管轄区域を尊重するように、私たちは州の管轄区域を尊重します。」

連邦天然資源大臣のジョナサン・ウィルキンソンは、連邦政府とサスカチュワン州の両方が「レトリック」を断り、協力に集中する必要があると述べています. (カイル・バックス/CBC)

ウィルキンソン氏は、「重複する」経済と環境の分野で双方が敵対するべきではないと述べた。

「カナダ人は、私たちが協力する方法を見つけようとすることを期待していると思います。解決できない紛争がいくつかある場合、最終的には最高裁判所が、価格の場合と同様に管轄権の問題を決定します。汚染。」

ウィルキンソン氏によると、連邦政府は地域のエネルギーと資源のテーブルに取り組んでおり、クリーン エネルギーの生成などの問題に関する議論を促進することを目的としています。

「レトリックの一部を脇に置く必要があると思いますが、それは州で実行しようとしているわけではありません。それは連邦政府でもあります。私たちはその一部の所有権も取得し、実際にどのように取得できるかを検討する必要があります。より良い会話ができる場所に戻ってください。」

石炭の段階的廃止に関する懸念

水曜日、Moe は、石炭を段階的に廃止するという連邦政府の政策と、それがサスカチュワン州第一法における政府の立場とどのように関連しているかについて尋ねられました。

2016 年、連邦政府は、サスカチュワン州、アルバータ州、ニューブランズウィック州、およびノバスコシア州で、2030 年までに石炭火力発電の段階的廃止を加速すると発表しました。

Moe は、特に石炭の段階的廃止に関して、気候政策の「トーン」の変化は歓迎されるが、「私たちにとってのニュース」でもあると述べた。

「これらすべての政策にはかなりの余地があるはずです。しかし残念なことに、それは過去の政策の発展に見られたものではありません。その政策のために連邦レベルで政府の変更が必要な場合. 変更することは、私たちも問題ありません」と萌は言いました.

石炭火力発電は、州の発電量の 30 ~ 40% を占めています。

モー氏は、連邦政策の「変化する」ゴールポストに悩まされていると語った.

「私たちはサスカチュワン州とカナダ全土で 2050 年までにネット ゼロ計画を検討していましたが、現在は 2035 年まで延期されています。率直に言って、2035 年までにこの種の目標を達成できない州もあります。」

Moe は水曜日、2042 年の廃止日の 12 年前に 276 メガワットの発電所を「座礁させる」ことは意味がないと述べた。

「誰がその資産を 12 年も早く手放すだろうか? あなたならそうするだろうか? それは、寿命が尽きる 12 年前に家を出るようなものだ.その車からさらに数十万キロ離れています」とモーは言いました。

モー氏は、政府は排出量の削減に取り組んでおり、「それをどのように行うかについて非常に野心的に取り組んでいる」と語った.

彼は、州が代替案を探し、開発していると述べた。 小型のモジュール式原子炉を追求していますが、これは早くても 2032 年まで稼働しません。

今週、SaskPower は、サスカチュワン州中南部向けの 700 MW の再生可能発電プロジェクトを発表しました。

「サスカチュワン州での発電構成の移行に関しては、3 つのポイントがあります。1 つ目は、サスカチュワン州の住民と産業にとって手頃な価格の電力を維持することです。2 つ目は、環境に配慮し、排出量を削減し続けることです。 3 つ目は、ここに住む人々にエネルギーのセキュリティを提供することです」と Moe 氏は述べています。

ウィルキンソン氏は、この国は歴史的なエネルギー転換の真っ只中にあると述べた。

「石炭を段階的に廃止するだけではありません。2050 年に向けて、この国にある発電容量を 2 倍または 3 倍にする必要があります。どのように連携するかを考え出す必要があります。それには莫大な投資が必要になるからです。協力が必要になるでしょう。」

ウィルキンソン氏は、2035 年までに正味ゼロの電力システムを実現することを目指すクリーン電力基準が 1 つの分野であると述べました。彼は、政策についてはまだ「協議中」であると述べました。

「グリッド上で私たちがしなければならない仕事は、今世紀の鉄道のようなものだと私は特徴づけます」と彼は言いました。

「私たちが力を合わせなければ実現できない大きな仕事です。」

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *