英国の「敵対的な環境」の危険なデジタルクリープ

2019年、アンナ 彼女はパートナーと 3 人の子供と共にポーランドから英国に引っ越しました。 彼らが彼らの家と新しい生活に慣れるとすぐに、彼は暴力的になりました。 アンナは子供たちを連れて立ち去ろうとしました。 しかし、彼女が地方自治体の社会サービスに連絡したとき、彼らは彼女の移民ステータスについて尋ねました. 問題がありました。

プライバシーと安全上の理由から仮名のアンナは、2017 年に英国が EU からの離脱を決定した後、欧州市民は英国移民局に登録する必要がある EU 和解スキーム (EUSS) の下で有効なビザを持っていました。それを証明してください、彼女はできませんでした。 彼女は、ステータスが確定したというテキストメッセージや物理的な手紙を受け取ったことはありませんでした. アンナは子供たちと虐待者と一緒に家に戻り、他に行くところはありませんでした。

アンナが入国管理局と連絡を取ったとき、彼らは彼女を技術チームに紹介しました、と彼女は言います。彼らは彼女に電話をかけ直すことはめったになく、常に忙しすぎて待ち時間が長いようでした。 彼女がヘルプラインに連絡すると、彼らは彼女が有効な申請を行ったことを確認しました (そして、彼女の子供たちはステータスを解決したので、彼らは英国に留まる権利を持っていました)。 しかし、彼らは彼女に彼女のアカウントへのアクセスを与えることができませんでした. それがなければ、彼女はシェアコードを生成できませんでした。これは、彼女が社会サービスにアクセスしたり、仕事を得たり、アパートを借りたりすることを可能にする移民ステータスのデジタル証明です。

別の深刻な事件の後、警察は最終的に彼女の虐待者に差し止め命令を下しました。 アンナは家を出ましたが、在留資格を証明できなかったため、仕事のオファーを失いました。 彼女はまた、積極的に働いているという証拠を持っていなかったため、給付金を申請できませんでした. 2022 年 3 月、彼女は、彼女を支援していた慈善団体を通じて、彼女が事前定住のステータスを持っているという確認を受け取りました。 しかし、彼女はまだ英国内務省から直接連絡を受けておらず、シェアコードにもアクセスできません。

アンナの話は衝撃的です。 しかし、英国の移民および政策機関である内務省が、国境管理に対する「デフォルトのデジタル」アプローチを強調するにつれて、これらの話はますます一般的になりつつあります. 今年初め、英国内務省は「移民のための新計画」を発表しました。この計画では、英国の移民システムのデジタル化が進んでいます。 「2025年までに移民システムとやり取りする顧客のために、シームレスで完全にデジタル化されたエンドツーエンドの旅を提供します」と内務省は計画で述べています。

現在、英国で新しいビザを申請する移民や人々は、アプリを使用して、顔のスキャンを含むバイオメトリクスを提出することが推奨されています。 オンラインフォームに記入するため。 シェアコードで移民ステータスを証明する。 テクノロジーは、世界中の移民制度でより大きな役割を果たしており、物理的な空間で国境を強制する方法や、人々が入国した後に国境と移民ステータスを維持する方法に影響を与えています。 移民にとって、入国管理システムのデジタル化が進むことで、国境がどこにでもあり、生活の隅々にまで広がることが可能になります。

敵対的な環境

への公益 英国では移民が重要であり、英国人の 50% 以上が、組合が直面している最も重要な問題の 1 つだと答えています。 内務省は、デジタル ステータスへの移行に向けて複数の調整を行いました。紙を追跡する必要がない高齢者にとってはより良いものであり、そうでなければドキュメントを持っている可能性のある脆弱な人々のセキュリティを強化できるためです。悪意のあるアクター (たとえば、人身売買業者や搾取的な雇用主) によって連れ去られ、人々がデジタル ステータスに完全に移行するのに十分な時間があることを確認します。 しかし、英国中の移民コミュニティと協力している運動家、組織、弁護士は、これらのデジタル システムはすでに問題を抱えており、その多くは悪化の一途をたどっていると述べています。

「人々を完全な人間として扱い、人々の状況に対応し、常識に基づいた移民制度はありますか?」 英国を拠点とする非営利団体、移民福祉合同評議会のメアリー・アトキンソンに尋ねます。 「デジタルシステムは、システムの実装を高速化するために機能するかもしれませんが、常に問題が発生し、苦痛と本当の痛みを引き起こす不具合が発生します。」

.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *