米国政府と財団は、エネルギー転換を加速するための資金を解放するための新たな官民の取り組みを発表

米国国務省

即時リリースの場合

メディアノート

2022 年 11 月 9 日

米国政府と財団は、エネルギー転換を加速するための資金を解放するための新たな官民の取り組みを発表

米国のジョン・ケリー気候担当特使、ロックフェラー財団、およびベゾス地球基金は本日、発展途上国におけるクリーン エネルギーへの移行を加速するために民間資本を触媒することを目的とした Energy Transition Accelerator (ETA) の創設に向けて取り組むためのパートナーシップを発表しました。

この重要な 10 年間に、温暖化を 1.5°C に抑え、世界中の地域社会に対する壊滅的な気候の影響を回避するには、クリーン エネルギーへの前例のない投資が必要です。 国際エネルギー機関によると、年間のクリーン エネルギーへの投資は 2030 年までに 3 倍の 4.2 兆ドルに達する必要があり、その投資の半分以上は新興国と発展途上国に向ける必要があります。

このパートナーシップは、発展途上国における再生可能電力の導入と化石燃料資産の廃棄を加速する包括的なエネルギー移行戦略への民間投資を促進するための革新的で独立したイニシアチブとして ETA の立ち上げに向けて取り組んでいきます。

ETA は、排出削減をより深く、より早期に実現し、開発途上国がパリ協定に基づく自国が決定した貢献 (NDC) を達成および強化するのを支援し、エネルギー アクセスの拡大を含む、より広範な持続可能な開発目標を推進するのに役立つことが期待されています。 また、脆弱な国々での適応の取り組みを強化するための新たな資金も生み出されます。

米国政府と 2 つの慈善団体は、政府、専門家、民間部門、市民社会からの意見を取り入れて、エネルギー移行アクセラレーターを開発し、立ち上げます。 ETA は 2030 年まで運用される予定で、2035 年まで延長される可能性があります。

チリとナイジェリアは、ETA の潜在的な利点を調査することに早期に関心を示している発展途上国の 1 つです。 Bank of America、Microsoft、PepsiCo、および Standard Chartered Bank も、ETA の開発について通知することに関心を示しており、正式に参加するかどうかの決定は、その設計の完了まで保留されています。 ETA は、主権政府の投資と関与にも開放されます。

高信頼性フレームワークのビジョン

このパートナーシップの目標は、開発途上国がクリーン エネルギーへの移行を支援するための資金を集められるようにする、信頼性の高い枠組みを確立することです。 ETA は、国または地方の管轄区域の規模で運営され、検証済みの温室効果ガス排出削減量を生み出します。参加している管轄区域は、市場性のある炭素クレジットとして発行するオプションを持っています。

森林部門で現在採用されているアプローチと同様の管轄区域のアプローチは、排出漏れを回避し、排出削減が現実的かつ追加的であることを保証し、管轄区域の電力部門の政策、投資の優先順位、および公正な移行戦略を調整するのに役立ちます。 システム全体の変革を奨励する一方で、管轄権の取り決めは、大幅かつ迅速な排出削減を生み出す個別のプロジェクトに資金を誘導するのにも役立ちます。

ETA を通じて得られた収入は、発展途上国のエネルギー移行を支援するために、政府、ドナー、多国間および民間の金融機関によって動員されている他の資金源を補完します。 また、追加投資の触媒にもなります。 ETA は、実証済みの排出削減量に対する固定価格の事前購入契約を法域に提供することで、より有利なレートで前払いの民間資金を解放できる予測可能な資金の流れを生み出します。

社会的および環境的保護

包括的で公正な移行の促進を支援するために、参加管轄区域のエネルギー移行戦略には、社会的保護と、雇用創出とトレーニングのサポートを含む地元の雇用主への利益が含まれます。

炭素クレジットの使用における環境保全を促進するため、ETA の 1 つのアイデアは、遅くとも 2050 年までに正味ゼロを達成し、科学に基づく暫定目標を達成することにコミットしている企業のみに ETA を開放することです。 その他の規定では、強力な透明性要件を確立し、ETA を通じて検証済みの排出削減への企業の投資をどのように認識できるかについて説明します。

たとえば、企業はクレジットを使用して、暫定目標を上回る緩和を支援したり、気候資金やその他の自発的な目標に貢献したり、ホスト国の NDC の達成に貢献したりできます。 検討すべきもう 1 つのアプローチは、企業の短期目標内のスコープ 3 排出量の限られた部分に対処するために一部のクレジットを使用することです。この場合、企業は ETA と気候上の利益を財務的に拡大するために追加のクレジットを支払う必要があります。

ETA の技術的側面だけでなく、環境、社会、および公正な移行について、さまざまな利害関係者に相談します。 相談を受ける組織には、Science Based Targets Initiative (SBTi)、Voluntary Carbon Markets Initiative (VCMI)、Integrity Council for the Voluntary Carbon Market (ICVCM)、および世界資源研究所 (WRI) for GHG Protocol が含まれます。

セーフガードを整備することで、参加企業は自社のバリュー チェーン排出量を大幅に削減する必要があり、ETA によって生成された排出削減量が社内削減を補う必要があります。 最終的な ETA への参加と使用の基準は、潜在的な排出量と財務上の影響をさらに分析することによって通知され、SBTi や VCMI の基準を含む進化するベスト プラクティス基準との幅広い調整を模索します。

脆弱な国々での気候適応への取り組みを強化するために、ETA を通じて生成されたすべてのクレジットの価値の 5% が、適応と回復力に対する国際的な支援に充てられます。

ETAに関心がある場合は、ETA@rockfound.orgまでご連絡ください。

メディアからのお問い合わせは、ClimateComms@state.gov までご連絡ください。

# # #

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *