米国に本拠を置く企業は、マイクロ波を使用して深部熱エネルギー源を利用することを計画しています

「地下に蓄えられた熱の総エネルギー量は、地球としての年間エネルギー需要を 10 億倍も上回っています。 したがって、そのほんの一部を利用するだけで、予見可能な将来のエネルギー需要を満たすには十分すぎるほどです」と、Houde 氏は TEDx ボストン プラネタリー スチュワードシップ イベントの第 1 回で述べました。

幹部は、現時点では、そのエネルギーを解き放つほど深く掘削することは不可能であると指摘しました.

「10 マイル下に到達できれば、あらゆる場所で経済的な温度を見つけることができます。 さらに深く行けば、水が存在する温度に達することができます [pumped to the site] 蒸気のような段階である超臨界状態になると、発電量も段階的に改善され、エネルギーのコストが安くなります」と彼は言いました。

しかし、これまでに掘削された最も深い穴は、ロシアとノルウェーの国境近くにあるコラの掘削孔で、7.6 マイル下まで落ちました。 機械式ドリル ビットなどの従来の装置では、この深さの条件に耐えられないため、完成までに 20 年かかりました。 彼らは崩壊します。

「実際のところ、必要な容量まで地熱を拡大するには、数千とは言わないまでも数百のコラ ボアホールが必要になります」と Houde 氏は述べています。 「Quise は、従来のドリル ビットをミリ波エネルギーに置き換えることに取り組んでいます。 これらのミリ波は、文字通り岩石を溶かして蒸発させ、これまで以上に深い穴を作ります。」

それほど新しくない

彼は、一般的な技術は過去 15 年間にわたって MIT で開発されたと述べています。 科学者たちは、ミリ波が実際に玄武岩に穴を開けることができることを実証しました。 さらに、ミリ波エネルギーを生成するジャイロトロン マシンは新しいものではありません。 エネルギー源としての核融合に向けた研究で、約 70 年間使用されてきました。

Houde 氏によると、Quise 技術は、石油およびガス産業によって開発された従来の掘削技術も利用しています。 同社は、これらを使用して、最適化していた表層を基盤岩までドリルダウンする予定です。 一方、ミリ波は、従来の掘削では困難な深部の硬くて高温の結晶岩に使用されます。

MIT のラボでは、エンジニアが玄武岩に 1:1 の縦横比 (深さ 2 インチ、直径 2 インチ) の穴を開けて、この技術を実証しました。 Quaise は、10:1 のアスペクト比を達成するために、マイクロ波ビームの出力密度と穴の深さを 10 倍にスケールアップすることで、MIT の結果を拡張しました。 並行して、同社は現場で展開可能な最初のミリ波掘削リグのプロトタイプを構築しています。

「私たちの現在の計画は、今後数年以内にこの分野で最初の穴を掘ることです」と Houde 氏は述べています。 また、より深く掘削するために技術を進歩させ続ける一方で、浅い環境での最初の商用地熱プロジェクトも調査します。

課題

Quaise の共同創設者は、この技術を完全に機能させるにはいくつかの課題が残っているとも述べています。 これらには、大深度における岩石の特性のより良い理解などの基礎科学が含まれます。

また、同社は、ジャイロトロンとそのエネルギーをダウンホールに運ぶ導波管のサプライ チェーンの進展を確認することが重要であると考えています。 現在、この装置は核融合研究における専門的な 1 回限りのプロジェクト向けに最適化されています。

また、対処しなければならないエンジニアリング上の課題もあります。 「それらの中で最も重要なことは、どのようにして灰を完全に除去するかです[長い距離にわたってボアホールを灰にするプロセスと輸送によって作成されたものですか?」)、Houdeは言いました。[createdbytheprocessandtransportthatashuptheboreholeoverlongdistances?”Houdesaid

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *