研究により、金に富んだ星の発祥の地が明らかになりました

ノートルダム大学と東北大学の研究チームは、いわゆる「金に富む」星の発祥の地を明らかにしました。これは、「宝石店の要素」である金やプラチナなど、鉄以外の重元素が豊富にある星です。 彼らの研究は、王立天文学会の月刊通知に掲載されています。

世界中の最先端の望遠鏡によって、何百もの金が豊富な星が発見されています。 私たちが住む天の川銀河の歴史の中で、これらの星がいつ、どこで、どのように形成されたのかが謎でした。 チームは、ほとんどの金が豊富な星が、100億年以上前に天の川の小さな始原銀河で形成されたことを発見し、星の過去に初めて光を当てました.

この結論に到達するために、チームはビッグバンから現在までの天の川の形成を数値シミュレーションで追跡しました。 このシミュレーションはこれまでに達成された最高の時間分解能を持ち、天の川の星によって形成される物質のサイクルを正確に解決できます。 シミュレーションは、センターのATERUI IIスーパーコンピューターを使用して数か月にわたって作成されました。 計算天体物理学 日本の国立天文台で。

このシミュレーションにより、天の川銀河における金を豊富に含む星の形成を初めて分析することが可能になりました。 それが使用した標準的な宇宙論は、天の川が小さな始原銀河の降着と合体によって成長すると予測しています。 シミュレーション データは、100 億年以上前に存在した原始銀河のいくつかが、最も重い元素を大量に含んでいたことを明らかにしました。 重元素の元素合成が確認された場所である中性子星合体の各イベントは、これらの小さな銀河で最も重い元素の存在量を増加させました。 これらの銀河で形成された金に富んだ星と、それらの予測された存在量は、今日の星の観察と比較することができます。

東北大学の平井裕氏は、「今日の金に富む星は、天の川の歴史を教えてくれます。金に富む星のほとんどは、100 億年以上前に矮小銀河で形成されたことがわかりました。これらの太古の銀河は、天の川銀河の構成要素です。私たちの発見は、今日私たちが見ている金が豊富な星の多くが、100億年以上前の天の川の形成の化石記録であることを意味します。」 彼は、「天の川でのシミュレーションと観測との比較は、星の化石記録を抽出するための新しい道を開く」と付け加えた.


メディアの連絡先

グルジート・カーロン
王立天文学会
モブ: +44 (0)7802 877 700

press@ras.ac.uk

ロバート・マッセイ博士
王立天文学会
モブ: +44 (0)7802 877699

press@ras.ac.uk

サイエンスコンタクト

平井豊
ノートルダム大学・東北大学
yutaka.hirai@astr.tohoku.ac.jp

さらに詳しい情報

この研究は、 天の川に似た銀河の宇宙論的ズームインシミュレーションにおける高度にrプロセス強化された星の起源‘、 平井ら。王立天文学会の月刊通知に掲載され、印刷中です。

編集者への注意事項

1820 年に設立された王立天文学会 (RAS) は、天文学、太陽系科学、地球物理学、および密接に関連する科学分野の研究を奨励および促進しています。 RAS は、科学会議を開催し、国際的な研究およびレビュー ジャーナルを発行し、メダルと賞品の授与によって優れた業績を認め、大規模な図書館を維持し、助成金とアウトリーチ活動を通じて教育をサポートし、英国の天文学を国内および国際的に代表しています。 4,000 人を超えるメンバー (フェロー) は、海外に 3 番目に拠点を置いており、大学、天文台、研究所の科学研究者、天文学者などの歴史家が含まれています。

RAS は、編集委員会の仲間の専門家がその論文を検討に値するものとして受け入れるピア レビューの原則に基づいて、ジャーナルの論文を受け入れます。 協会は同様の原則に基づいてプレスリリースを発行しますが、関係する組織と科学者はその内容について全体的な責任を負います。

RAS についていく ツイッターフェイスブックインスタグラムリンクトイン、 と ユーチューブ.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *