環境庁はどれだけの水が取られているか「わからない」と内部告発者は言う | 水

環境庁 (EA) の内部告発者によると、政府は河川や地下水からどのくらいの水が取られているのか「把握していない」.

内部告発者はガーディアン紙に、農場、中小企業、および民間の水供給のための取水ポイントに関する EA の規制は「まったく無意味」であると語った。

摘出は勤務表システムで監視されていましたが、機関の検査は「時間の無駄」でした、と内部告発者は言いました。特定の日–そして「彼らは彼らの言葉を信じなければなりません」。

「彼らは違法な番号を記録するつもりはありません」とインサイダーは言いました。 「それが、水の抽出に関する強制力がほとんどない理由です。

抽象化ライセンス体制は 1960 年代にさかのぼり、歴代の政府は 10 年以上にわたって改革を約束してきました。

データが入手可能な最新の年である 2018 年の EA の数値によると、英国では 18,193 の抽出ライセンスが有効であり、推定では 10.4m 立方メートルが非潮汐表層水および地下水から除去されました。

ガーディアンは EA に、イングランドの抽象化ポイントの総数と、監視されているが情報が提供されていない割合を尋ねました。

1 日 20 立方メートル未満の取水は、2005 年に水法の下でライセンスを免除されました。 この動きにより、22,000 件のライセンスが即座に規制緩和されました。そのほとんどは、農業用または民間の給水用でした。

EA は次のように述べています。 私たちの権限と義務により、既存のライセンスに基づく水の使用を規制し、新しいライセンスを付与するかどうかを決定することができます。 抽象化が環境に損害を与えている場合、既存のライセンスを修正または取り消す権限もあります。」

ただし、現在の規則では、抽象化が環境に損害を与えているために機関がライセンスの条件を変更した場合、抽象化者に金銭的補償を支払わなければなりません。 この要件を削除する計画がありますが、2028 年までは削除されません。

EAは、「定期的に必要とする[s] ライセンス所有者は、関連する場所での検査に利用できる実際の抽象化の記録を保持します。 これは、規制官が実施した実際の抽象化とコンプライアンス検査の正式な記録を環境庁に提供するという要件に加えてのものです。」

それは、「環境悪化のリスクを軽減するための法的要件に沿って水生態系を保護しながら、抽出者が利用できる水の量を最大化する」ために抽出管理システムを改革していると述べた。追加しました。

ただし、アブストラクトに水道メーターの設置を義務付ける予定はありません。 EA のインサイダーは、省略はシステムに深刻な欠陥が残ることを意味すると述べました。 「ライセンスで許可される水の量は変更できますが、それを記録するメーターがなければ意味がありません」と彼らは言いました。

来年から、代理店は「個々の恒久的な抽象化ライセンスに必要な変更を決定するための調査を開始する」ことを計画しています. それまでは、「可能であれば、交渉と自然に基づく集水域の解決策の採用を通じて、抽象化ライセンスの自発的な変更を求め続けます」。

慈善団体 WildFish の副会長である Feargal Sharkey 氏は、EA では「日々、事態は悪化しているように見えます」、規制当局は「企業の貪欲さという祭壇の上で環境を犠牲にしている」と言って、納得していません。

NGO Waterwise の政策および戦略の責任者である Nathan Richardson 博士は、次のように述べています。

「この課題を考えると、規制当局が、いつ、どこで、どれだけの水が取り出されているかを知ることは非常に基本的なことのように思えます。 適切な監視と実施がなければ、取水規制は機能せず、水が合法的に取水され、効率的に使用されていることを確認することは非常に困難です。」

EA の広報担当者は次のように述べています。

「ライセンス保持者は、どれだけの水を汲み上げたかを監視および記録する必要があり、当社の検査プログラムは、これらの厳しい条件に準拠していることを保証します. 条件が満たされていない場合は、執行措置を講じることを躊躇しません。」

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *