環境ストーリーテリングは、自然とつながる有色人種の物語の舞台を提供します – The Bowdoin Orient

ケリー ナバロ ’23、エベ フィゲロア ’24、セジャル プラチャンド ’24 は、木曜日の夜、ラマルシュ ギャラリーで学生たちを魅了しました。 3 部構成の環境ストーリーテリング シリーズの一部として Navarro によって編成されたこのイベントは、屋外での会話では過小評価されることが多い有色人種の学生の声を高めることを目的としていました。

ドリス・デューク保護奨学生と同様のストーリーテリングの経験に触発されたナバロは、共有できるストーリーに多くの可能性を見出しました。

「それは、環境分野への参入についての彼らの話であり、なぜ彼らがそれに情熱を傾けているのか. 「私はアウトドアに出かけるのが大好きで、それが理由です」というようなものかもしれません。 「私はこの 1 匹の昆虫にとても情熱を注いでいる」というようなものでもかまいません。 それはさまざまなことかもしれません」とナバロは言いました。

参加者は、ストーリーのテーマからイベント全体のアイデアまで、さまざまな興味に引き込まれました。

「[Prachand] 彼らの作品の名前は「クロウ」だと私に言ったので、私は興味をそそられました」とエリオット・ノーウッド ’24 は言いました.

このイベントは、ストーリーが環境とどのように絡み合っているかを評価した Liliana Lines ’24 にアピールしました。

「私は話を聞くのが好きです。私は EOS の専門家なので、環境に興味があります」と Lines 氏は言います。

ナバロが最初にステージに上がりました。 彼女は、研究者になり、自然界を探検するという彼女の夢が家族によってどのように躊躇されたかについて話しました。また、気候変動の影響を最も受けるコミュニティとして有色人種の学生を気候研究の最前線に置く必要性についても話しました。

彼女の話には、最初のダイビングなど、環境とのつながりを特に感じた事例が散りばめられていました。 彼女は頭上にワシの光線が見え、それが彼女の恐怖を和らげました。 彼女の海への愛は好奇心から始まったという事実を思い出しました。

プラチャンドは、シカゴの湖でバードウォッチングをしているときに、頭上にカラスが止まったという話で物語を始め、終わらせました。 彼らはボーディンでの最初の学期の後、気まぐれにバードウォッチングを始めましたが、その活動は彼らの生活の大部分を占めるようになりました。 彼女は、初めてウミガモを見て、どのように視点が変わったかを伝えました。

「その日まで、アヒルの種類があることを知りませんでした…世界にどれほどの美しさがあるかを知りませんでした」とプラチャンドは言いました。

フィゲオラが説明したアウトドアとのつながりは、彼女が若い頃に始まりました。 彼女の父親はよく彼女と兄弟をミシガン湖に連れて行き、浜辺で遊んでいました。母親は、死の瀬戸際から植物を蘇らせる緑の親指を持っていました。 彼女は、ラティーナの女性としてのアイデンティティーの中に、自然とはつながっているものであり、征服されるべきものではないという環境的視点を見出しました。

幼少期のかなりの部分を屋外で過ごしたにもかかわらず、フィゲオラは環境との特権的な関係を通じて多くの学生が得た自然の知識に遅れを感じて大学に入学しました。 彼女は、外の世界をよりアクセスしやすくしたいと考えています。

レクリエーションと学業の両方のレベルで、有色人種の間で屋外へのアクセスが不足していることは、3つのストーリーすべてに共通のテーマであり、スピーカーはそれを変えるために取り組んでいることを表明しました.

生物学を専攻しているナバロは、より多くの有色人種の教員を採用し、これらの学生へのサポートを増やすことで、彼女のような有色人種の第 1 世代の学生により良いサービスを提供できると考えています。 Navarro は、彼女のストーリーテリング イベントが、環境に関心のある有色人種の人々のプログラミング不足を減らすのに役立つことを望んでいます。

「特にこの非常に白い分野で、キャンパスの有色人種の学生を強調できることに非常に興奮しています」とナバロは言いました. 「このようなイベントは見たことがないように感じたので、開催したいと思いました。 はい、大変な作業ですが、それを実現することに興奮していました。」

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *