日本のパージ水素産業の次は?

日本は急速に主要な水素ハブになりつつあり、さまざまな革新的な方法で燃料を使用し始めています。 しかし、低炭素の誓約を達成するために、政府は再生可能なグリーンバージョンを支持して、ブルーとグレーの水素の生産を抑制しなければなりません. 既存の技術を開発し、グリーン水素を評価するように市場を適応させることで、日本は 10 年の終わりまでに主要な生産者になることができます。

世界で最も高い水素貯蔵タンクは、水素生産で長い間知られている日本にあります。 高さ 14 メートルで、京都郊外にあります。 このサイトには、ソーラー パネル、水素燃料電池、テスラ メガパック蓄電池も収容されており、パナソニック川村紀彦の製造サイトに電力を供給しています。 パナソニックの川村課長は、 述べました、「これは日本最大の水素消費サイトかもしれません。」 同氏は、「年間 120 トンの水素を使用していると見積もっています。 今後、日本がますます多くの水素を生産し、輸入するようになると、これは非常に適した種類のプラントになるでしょう。」

敷地は高速鉄道や高速道路に面しており、交通の便も良好です。 施設は徐々に完全再生可能電力に移行したいと考えています。 現在、78,000 リットルの水素燃料タンク、99 セルの 495 KW 水素燃料電池クラスター、1,820 枚の太陽光発電 (PV) ソーラー パネル、および 1.1 MW のリチウム イオン バッテリー ストレージを含む H2 Kibou フィールドの本拠地です。 パナソニックは、これが他の持続可能な製造施設の例になることを望んでいます。

この施設には、電力を管理するための AI エネルギー管理システムが装備されており、利用可能な場合はサイトからのさまざまな種類の再生可能エネルギーを優先して、ローカル グリッドからの電力量を削減します。 総合的な再生可能エネルギー サイトの建設が大幅に進んでいるにもかかわらず、パナソニックはそのエネルギーを化石燃料由来のグレー水素に大きく依存し続けています。 これは主に、グリーン水素のコストが化石燃料の代替品よりもかなり高いままであるためです。

日本は 2050 年までにカーボン ニュートラルになることを計画しており、再生可能なグリーン水素を支持して、グレー水素とブルー水素からの移行を推進する必要があります。 国はすでに 世界初の国家水素戦略 2017 年とその 2020 年環境イノベーション戦略は、このセクターを計画に沿ってさらに発展させます。 2017 年までに、日本には 131 の水素ステーションが設置されました。これは、当時のどの国よりも多かったです。 しかし、その水素市場はまだ十分に発展しておらず、多くの可能な用途のために、より大きなプロモーションが必要です。

日本は2030年までに年間300万トンの水素を生産することを望んでおり、 2,000万トン 2050 年までに 1 年。現在、多くの企業が炭素回収・貯留技術を使用してこれを可能にする計画を立てており、廃棄炭素を水素生産の燃料として使用しています。 しかし、電気分解を使用して再生可能な水素を生成する計画を持っている人はほとんどいません。つまり、政府が化石燃料由来の水素からグリーンに移行するための政策を導入しない限り、日本の水素事業は温室効果ガスを排出し続けることになります。 現在、「クリーン水素」は 明確に定義されていない 日本では、政府があらゆる形態の水素の生産に補助金を出すことを検討しています。

いくつかの日本企業は、水素の将来について大きな計画を立てています。 2020年、トヨタ自動車株式会社は、富士山のふもとに未来のプロトタイプ都市を開発する戦略を発表しました。 水素燃料電池車を利用した富士山。 最終的には、この技術をバス、トラック、その他の大型車両などの大型車両に拡張する予定です。 一方、三菱パワーは、2023年に高砂製作所に高砂水素パークを立ち上げる予定です。その場所で水素を製造して貯蔵し、操業に使用します。 ガスタービン技術部主任技術部長の森川智子は、 説明した 世界がこれほど大規模な水素の利用に向けて努力したことはかつてありませんでした。 水素をより実用的なエネルギー源にする方法を模索しながら、脱炭素社会に向けて着実に前進しています。 水素エネルギーが世界を変えると確信しています。」

今月、EU は、水素の将来における日本の役割を認識し、EU との協力を深めました。 協力覚書 世界の水素市場の革新と発展について。 2 つの大国は、再生可能で低炭素の水素の生産、貿易、輸送、貯蔵、流通、および使用を強化するために協力することを望んでいます。 これにより、 日欧グリーンアライアンス.

日本は世界で最も先進的な水素市場の 1 つであり、今後 10 年間でいくつかの大規模な水素事業を確立する計画があります。 しかし、これらのプロジェクトの多くは、化石燃料由来の水素に依存し続けており、これは日本の気候目標にとって有害で​​ある可能性が高い. 気候目標に沿って水素市場を前進させるために、日本政府は「クリーン水素」の明確な定義を提供し、グレー水素やブルー水素ではなくグリーン水素の生産を促進して、新しいプロジェクトが再生可能エネルギー技術を運用に組み込むことを確実にする必要があります。産業が発展します。

Oilprice.com のフェリシティ・ブラッドストック

Oilprice.com からのその他のトップリード:

.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *