低炭素エネルギー技術は、パリ協定の目標を達成するための鍵です

世界のエネルギーシステムは、現在から 2050 年までの間にどのように進化するでしょうか? 結局、重要な 9 か国のエネルギーシステムは、世界の排出量の 63% を占めています。 簡単な答えは次のとおりです。政府と企業は、低炭素エネルギー技術に移行するために、断固たる、責任ある、現実的な行動を取る必要があります。

これは、2022 年の New Energy Outlook によると、摂氏 2 度をはるかに下回る地球温暖化に向けて軌道に乗るためのもっともらしい道筋があることを確認しています。

ただし、そこにたどり着くにはすぐに行動する必要があります。

世界のエネルギー転換が主に主要技術の経済的競争力によって推進される未来はどのようなものになるでしょうか? BNEF New Energy Outlook では、経済移行シナリオとパリ協定に基づくネット ゼロ シナリオの 2 つのシナリオを検討しています。

経済移行シナリオ (ETS): クリーン エネルギーへの移行を加速するための新たな政策行動が起こらなければ、再生可能エネルギーの急速な成長と輸送の電化により、2050 年には世界のエネルギー関連の排出量の約半分がなくなるでしょう。技術革新だけが採算が取れます。

ただし、これらのテクノロジーは、追加の補助金を必要とせずに、それ自体のメリットで勝ちます. これは、現在のインフレ危機の影響を受けて、過去 10 年間で風力、太陽光、バッテリー技術のコストが大幅に削減されるためです。

この見通しでは、再生可能エネルギーが 2050 年までに電力部門を支配し、風力 (36%) と太陽光 (29%) が世界の電力需要のほぼ 3 分の 2 を供給すると概説しています。 これらの印象的な統計は、大多数の地域でのコスト競争力の結果です。

クリーン エネルギーの急速な進歩にもかかわらず、経済移行シナリオは今世紀半ばまでにネット ゼロを達成するにはほど遠い状態です。 2050 年までに排出量は 29% 減少しましたが、石炭、石油、ガスは依然として年間 24.6 ギガトンの CO2 を排出しています。 その結果は、2.6℃の地球温暖化と一致する軌道であり、パリ協定の目標に違反しています。

風力発電と太陽光発電は、2050 年までに ETS で世界の発電量の約 3 分の 2 を供給します。これら 2 つの技術を蓄電池と組み合わせることで、今後 30 年間に新たに設置される 23 テラワットの電力容量の 85% を占めることになります。 . . 電力部門の排出量は 57% 減少し、道路部門の電気自動車への移行により、2050 年までに輸送部門全体の排出量は 22% 減少します。 世界の石炭、石油、ガスの使用量は今後 10 年間ですべてピークに達し、石炭は最高点に達してすぐに減少し始めますが、石油は 2028 年に、ガスは 2030 年代初頭に同じようになります。

道路、航空、海運、鉄道を含む交通機関でも、道路セグメントでの電気自動車 (EV) の台頭により、2050 年までに排出量が削減され、液体化石燃料から電気への依存への構造転換が促進されます。 これにより、2050 年までに全体的な (スコープ 1) 輸送排出量が 22% 削減され、発電からの排出量を考慮すると 13% 削減されます。

ネットゼロシナリオ(NZS): セクター主導のアプローチを採用することで、パリ協定の目標を達成するための信頼できる道筋が開かれます。 このシナリオは、電力分野でのさまざまな低炭素エネルギー技術の迅速かつ大規模な展開と、最終用途部門でのクリーンな燃料の採用、特に水素とバイオエネルギーを組み合わせたものです。 世界は、2050 年までに摂氏 1.77 度と地球全体のネット ゼロに向けて軌道に乗ることができます。これは、クリーンな発電、電化、および程度は低いものの、二酸化炭素の回収、貯蔵、水素の急速な展開によって実現できます。

発電を化石燃料からクリーンな電力に切り替えることは、世界の排出量削減に最大の貢献をしており、2022 年から 50 年にかけて削減された全排出量の半分を占めています。 これには、衰退していない化石燃料を風力、太陽光、その他の再生可能エネルギー、原子力など、今日の規模で存在する大部分が成熟した技術に置き換えることが含まれます。 2050 年までに、世界の電力システムは風力発電 (発電量の 48%) と太陽光発電 (26%) によって支配され、残りは他の再生可能エネルギー (7%)、原子力 (9%)、水素、石炭または炭素回収ガスによって提供されます。 . .

残りの排出削減量は、需要側の効率向上とリサイクル、水素、バイオエネルギー、二酸化炭素の回収と貯蔵によるもので、合わせて排出削減量のおよそ最後の 4 分の 1 を占めています。 これらの役割は小さいように見えますが、これらの技術に必要な成長は依然として目覚ましいものです。 二酸化炭素の回収と貯留の容量は、2021 年の約 40 メガトンから 2030 年までに 1.7 ギガトンに増加し、2050 年までに 7 ギガトン以上に増加します。水素は、現在の主に化石燃料ベースの水素の 9,000 万トン以上から約 5 億トンの排出量まで、5 倍以上を使用します。 2050年までに水素を無料で。

低炭素エネルギー技術に向けた行動が今始まる

報告書の著者によると、二酸化炭素の回収と貯蔵、高度な原子力技術、水素への大規模な投資と同様に、2030 年までにクリーン パワーの導入を 4 倍にする必要があります。

この 10 年間を軌道に乗せるには、化石燃料の供給 1 ドルにつき 3 ドルを低炭素供給に投資する必要があります。 電化と経済成長により、2050 年までに地球の電力需要が 4 倍になるため、電力網の構築、低炭素技術の製造能力、および重要な金属と材料の供給を大幅に加速する必要があります。

このようなシナリオを達成するために、このレポートには、政策立案者と民間部門の関係者向けの 6 つの主要な行動分野の処方箋が含まれており、NetZero Pathfinders イニシアチブのためにブルームバーグと BNEF によって開発されたフレームワークに基づいています。 これらは:

  • 成熟した気候ソリューションの展開を加速
  • 新しい気候ソリューションの開発をサポートする
  • 炭素集約型活動の移行または段階的廃止を管理する
  • 適切な気候移行ガバナンス構造を作成する
  • 新興市場国および発展途上国における移行を支援する
  • 重要な資材の供給を拡大する

低炭素エネルギー ソリューションに関する最終的な考え

COP27の直後にアウトルックが発表されました。 批評家は、今年の年次気候会議の最終結果を非難し、地球温暖化の削減にはほとんど貢献していないと述べています。

「私たちのネット ゼロ シナリオと経済移行シナリオは、エネルギー移行の非常に異なる経路を説明しており、世界的な気候危機の延長として、道の分岐点は私たちにかかっています」と、BNEF の経済学およびモデリングのグローバル責任者である David Hostert は述べています。そしてレポートの筆頭著者。

「COP27 から帰国した政策立案者は、再生可能エネルギーと電気自動車の展開に対する障壁を取り除くことで、いわゆる「実施ギャップ」を埋め始める機会を得ることができます」と Hostert 氏は言います。衰えない化石燃料からの移行を捉え、積極的に管理します。」

 

 

 

CleanTechnica の独創性とクリーンテックのニュース報道に感謝しますか? CleanTechnica のメンバー、サポーター、テクニシャン、アンバサダー、または Patreon のパトロンになることを検討してください。

 


クリーンテックの話を見逃したくないですか? 電子メールで CleanTechnica からの毎日のニュース更新にサインアップしてください。 または、Google ニュースでフォローしてください。


CleanTechnica に関するヒント、宣伝、または CleanTech Talk ポッドキャストのゲストの紹介をご希望ですか? こちらからお問い合わせください。


広告


Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *