中国の覇権獲得の追求は、地球環境に有害であることが証明されています

覇権を達成しようとする北京の探求は、安全でない産業慣行を促進し、地球環境にも有害であることが証明されています. 権利と安全保障のための国際フォーラム (IFFRAS) によると、中国は過去 8 年間に、産業革命以降の英国の二酸化炭素排出量よりも多くの二酸化炭素を排出したという最近の報告書があります。

中国の持続不可能な生態系モデルは、国内の住民にとって危険であり、気候変動の懸念による存続の脅威に直面している脆弱な国にとってはさらに致命的です. その一帯一路イニシアチブは、間違いなくこれまでに実施された最大の経済プロジェクトであり、IFFRAS によって報告された、そのような悲惨な生態学的劣化メカニズムの扇動者と見なすこともできます。

イニシアチブの範囲内でのプロジェクトの実施には、生態系に関する懸念を保護する明確な環境政策が欠けています。 しかし、ホスト国は、プロジェクトに保護措置が欠けているために、環境悪化の犠牲者になることがよくあります。

多くの地元住民が家を追われ、たとえ一時的なものであっても、基本的な設備が整っていないキャンプへの移住を余儀なくされています。 近視眼的な取引により、地元住民は中国からの投資に憤慨している。こうした投資は、このような地域に住む地元住民に何十年も悲惨な状況をもたらしてきた。 これらの報告は、世界の指導者たちが国連気候変動会議 (COP27) に出席するためにエジプトにいたときに行われました。 サミットの主な議題は、各国が世界の炭素排出量を削減することに同意することでしたが、リーダーはほとんど猶予を見つけていないとIFFRASは報告しました.

たとえば、アフリカの国モザンビークでは、中国企業が禁止されている国産材を購入しています。 しかし、中国の団体が、生態系を破壊する製品を調達したことで国内の公務員に賄賂を贈った後にのみ、IFFRAS は報告した。 中国の生態系を脅かす工業プロセスにより、中国は世界最大の水銀と神経毒の排出国となっています。 これにより、中国は水銀関連の有毒な大気汚染物質を助長するシナリオを作成するリーダーとなり、深刻な大気汚染危機の脅威にさらされています。

これだけでなく、中国共産党の開発目標により、中国資本の子会社の石炭燃焼計画も加速しています。 IFFRAS の報告によると、これらの開発遠征により、同国はプラスチック製品の最大の生産国および輸出国となり、世界のプラスチック廃棄物の 3 分の 1 を引き起こしています。 報告によると、中国のプラスチック廃棄物も管理されていません。 報告書によると、これらのプラスチック廃棄物は、無公害の仕組みが整備されていない環境に直接投棄されており、数百万トンが海洋生物に直接影響を与え、環境負荷の大部分に直面している島国に深刻な脅威を引き起こしています。

一帯一路のメガ プロジェクトは、少なくとも 1,700 の重要な生物多様性の場所を通過し、インフラ プロジェクトの構築過程で約 265 種を脅かしています。 Nature Sustainability BRI プロジェクトで発表された研究は、汚染、生息地の喪失、野生生物の死などの要因による生態系の劣化により、「恒久的な環境劣化」につながる可能性があります。 (アニ)

(この記事は Devdiscourse のスタッフによって編集されておらず、シンジケート フィードから自動生成されています。)

.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *