ロンドンの宇宙スタートアップが天文学を営利企業に変えている

ブルー スカイズ スペース Ltd. (BSSL) — すぐに「商用科学衛星データを提供する世界初の企業」になると自称する宇宙スタートアップは、ロンドンの金融センターの端にある目立たない脇道に最初の拠点を見つけるでしょうか?

しかし、民間資金と公的資金を独自に組み合わせて資金提供されている BSSL は、最初の低軌道衛星の最終設計と建設段階に向けて準備を進めています。 また、NASA や欧州宇宙機関 (ESA) が直接資金を提供するミッションとは異なり、BSSL の動機は、科学のための天文学だけでなく、利益のための天文学でもあります。

世界中の 15 の機関が、BSSL の 2 番目に大きな衛星プロジェクトである Twinkle の一部として、すでにサインアップしています。Twinkle は、太陽系外惑星と太陽系大気圏内の物体のスペクトルを取得する低地球周回衛星です。 オハイオ州立大学、英国のカーディフ大学、ベルギーのリエージュ大学は、Twinkle ミッションの一部として早期に資金を提供した 15 の機関の 1 つです。

BSSL の天体物理学者 CEO である Marcell Tessenyi 氏は、IDEALondon の会議室で私にこう語っています。 、ロンドン市からそう遠くない自称イノベーション センターです。

Tesseny 氏は、2014 年に事業を開始したスタートアップ自体を中小企業と表現しています。 それでも、IDEALondon のコワーキング セクションを共有する 12 人の社内チームしかありません。

しかし、同社はすでに天文学界からの信頼を得ています。これはおそらく、3 人の共同創業者がすでにユニバーシティ カレッジ ロンドンの学者として尊敬されていたことも一因でしょう。

私たちは、欧州宇宙機関 (ESA)、英国宇宙機関、および Innovate UK からの資金提供を受けて、欧州委員会から資金を得ている、と Tessenyi は言います。 そして、エンジェル投資家がいて、友人や家族がこれに投資している、と彼は言います。

BSSL が成功すれば、天文観測の新しい時代が到来し、衛星が生成するデータのサブスクリプションを販売することで利益を得ることができます。 これには、世界中の公立および私立の大学や機関への観察時間の販売も含まれます。

データセットにアクセスするための価格は年間 75,000 ドル、運用開始後の宇宙天文台での観測時間は 1 時間あたり 5,000 ドルです、と Tessenyi 氏は言います。

具体的には、BSSL は、国家宇宙機関の数十億ドル規模のマーキー ミッションと、現在多くの大学で実施されている小規模な CubeSat ミッションとの間のニッチを埋めることを目指しています。

BSSL や将来の営利目的の宇宙科学ベンチャーによって、宇宙から天文学を行うためのコストが引き下げられる可能性があります。 そしておそらく、その過程で、現在打ち上げられている天文ミッションの数が 2 倍または 3 倍になることさえあります。

BSSL 自身の最初の宇宙への冒険は、紫外および可視分光法を使用して近くの太陽型星のフレア活動を監視する、Mauve と呼ばれる小さな 150 万ユーロ、15 センチメートルの望遠鏡を使用することになります。 目標は、これらの星のどれが居住可能な惑星の良いホストになるかを決定することです. 2024年に発売予定です。

しかし、同社が計画している最大のミッションは Twinkle で、はるかに高価で、推定 5,000 万から 6,000 万ドルの衛星で、私たち自身の銀河系内の明るい星の周りの惑星の大気を観測します。 Twinkle は直径 0.5 メートル未満の望遠鏡しか使用しませんが、熱的に安定した低地球極軌道から、何千もの天体を調査する必要があります。 これには、系外惑星の大気や恒星円盤から、太陽系内の小惑星や彗星の表面まで、あらゆるものが含まれます。

Tessenyi 氏によると、Twinkle のローンチの最良のシナリオは 2024 年末です。

このスタートアップベンチャー全体で最も困難だったことは何ですか?

初期段階の資金調達や大手メーカーとのパートナーシップ、ユーザーコミュニティでの信頼性など、現在の場所にたどり着くまでに経験した複雑なことの量は、Tessenyi 氏は言います。 これらのさまざまな顔はすべて、非常に手間がかかると彼は言います。

しかし、これらの宇宙船が軌道に乗ってデータを取得すると、コストが回収可能になり、将来のミッションへの投資に使用できる最初の加入者顧客ベースから余剰が生み出されることが期待されています.

Blue Skies Space が非営利ではなく営利企業を選んだ理由について教えてください。

営利目的のルートは状況を完全に変え、資金調達の機会という点ではるかに多くの扉を開いた、と Tessenyi は言います。 可能な限り機敏で費用対効果の高いものにするために、商業的に考えていると彼は言います。

.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *