リベリア:人々の利益を優先し、責任あるビジネス環境を確保するよう国連の専門家が要請 – リベリア

モンロビア/ジュネーブ (2022 年 11 月 11 日) – リベリア政府と同国で事業を展開している企業は、経済発展の追求が人権を侵害し続けないようにするための措置を緊急に実施しなければならないと、国連の専門家グループは述べています。

「無責任なビジネス慣行の現在の状況は、企業に利益をもたらしますが、人々にはほとんど役に立ちません。 持続可能で安定した平和には、説明責任、透明性、平等、社会的結束、法の支配、およびすべての人に対する人権の尊重が必要です」と、人権および多国籍企業およびその他の企業に関する作業部会の専門家は述べています。

専門家は、ビジネスと人権に関する国連指導原則(UNGPs)を実施するという政府のコミットメントを歓迎し、ビジネスと人権に関する国家行動計画の策定を称賛した。 しかし、彼らは、国内のさまざまな地域で国家による監視が行われていないことに不安を感じていました。

「外国投資の促進は、責任あるビジネス慣行の実施に取って代わりました」と、ワーキンググループの議長であるフェルナンダ・ホーペンハイムは、10日間の訪問の終わりに声明を発表しました。 特にモンロビア以外では、基本的なインフラストラクチャとサービスが不足していました。 「開発計画における地域社会の一般的な無視は容認できません」と彼女は言いました。

ホーペンハイム氏は、政府は国内外の企業が人権をより尊重していることを確認する必要があると述べた。 「重要な要素は、透明性と、ビジネス活動に関する意思決定における影響を受けるコミュニティの有意義な参加です」と彼女は言いました。

専門家は、政府、企業、労働組合、市民社会組織、地域社会の代表者と面会し、ビジネスと人権に関する国連指導原則の実施において直面する機会と課題について話し合いました。

2018 年の土地権利法や 2015 年のディーセント ワーク法などの法改正は歓迎されましたが、実施は不十分でした。 「リベリアの経験は、法律を実施し、人権を尊重するビジネス文化を促進するために、政策、インセンティブ、および規制を賢く組み合わせることの緊急の必要性を示しています」と、訪問中の作業部会のもう一人のメンバーであるダミロラ・オラウイは述べました。

人権擁護者、労働組合のメンバー、およびコミュニティのメンバーは、ビジネス関連の人権侵害に反対する声を上げたことで攻撃や脅迫を受けやすく、政府は行動を起こす必要がありました。 「ビジネスに説明責任を負わせようとしている人々は、尊重され、真剣に受け止められ、彼らのケースが審理され、是正されるよう効果的な苦情処理メカニズムを提供する必要があります」とホーペンハイム氏は述べています。

専門家は、最初の調査結果の中で、雇用機会が非常に限られていること、少数の大規模多国籍企業が経済に大きな影響力を持っていること、さまざまな部門や譲歩における劣悪な労働条件、組織的な嫌がらせや虐待の複数の形態について考察しました。彼らが聞いた暴力は、女性と少女が直面している。

「リベリアは、ビジネスを扱うすべての政府機関と司法機関が、独立国家人権委員会とともに、企業の行動と企業の説明責任を効果的に監視するために必要なリソースとトレーニングを確保する必要があります」と専門家は述べています。

訪問中、作業部会の専門家はモンロビア、ニンバ郡、ボン郡、ボミ郡で会合を持ちました。 調査結果と主要な勧告を含む専門家の最終報告書は、2023 年 6 月に国連人権理事会に提出される予定です。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *