ベトナムは野心的なネットゼロの誓約を実現するために懸命に取り組んでいます。 環境

サム・ウッド副総領事 ホーチミン市の英国総領事館、12 月 16 日にホーチミン市で開催されたネット ゼロ ビルディング ワークショップで講演。 (写真: VNA)

ホーチミン市 (VNS/VNA) – ベトナムは、COP26 で約束された 2050 年までの温室効果ガス排出量の正味ゼロ目標を達成するために多面的な取り組みを行っている、と建設省の職員は今週初めにホーチミン市で開催された研修ワークショップで語った。

Net Zero Buildings – International Experience and Recommendations for Vietnamで講演し、省の科学、技術、環境省の副局長であるNguyen Cong Thinh氏は、政府が2021年から2030年までのグリーン成長に関する国家行動計画、国家気候変動を発表したと述べた。 2050年までの戦略など、そのコミットメントを果たすために。

建設大臣はまた、建設セクターの行動計画を承認し、 COP26 コミットメント、と彼は言った。

「現在、ネットはありません。 ゼロ炭素排出 ベトナムの建物。 環境に配慮した建物の数は、今年の第 3 四半期までに 258 に過ぎず、年間に建設される建物の数に比べればわずかです。

「これは、目標を達成するためにさらなる努力が必要であることを意味します。」

ホーチミン市の英国総領事館の副総領事であるサム・ウッド氏は、建物と建築環境は世界全体で総エネルギー使用量の 3 分の 1 を占め、エネルギー関連の温室効果ガス排出量の 19% を占めていると述べました。 1990 年以降、建物関連の排出量は 45% 増加しており、現在の軌道では、これは悪化する傾向にあります。

ホーチミン市やハノイなどのベトナムの大都市では、建物もかなりの炭素排出源であるため、計画でより持続可能なアプローチが見られることは非常に励みになると彼は述べた。

「ベトナムは、2030年までに最低5億6380万トンの炭素排出を削減するという目標を持っており、そのうち13%は建設部門からのものであると予想されています。 公共部門と民間部門の両方との関与を通じて、持続可能な建物の枠組みに対する関心と欲求が高まっていることを私たちは知っています。 グリーン ビルディング/持続可能な都市計画に関する最近のイベントは、多くの注目を集めています。」

彼はまた、国のネットゼロの誓約を達成するためには、包括的な政策の枠組みを構築し、一貫した施行を確保し、企業の利害関係者からの強力なコミットメントを奨励することを含め、さらに多くのことを行う必要があることを強調しました.

「今日のこのトレーニングワークショップの焦点である、従うべき基準、実現技術など、グリーン/ネットゼロの建物を達成する方法について、セクタープレーヤーの知識を高めることが重要です。」

ベトナム・グリーン・ビルディング・カウンシルのファン・トゥ・ハン議長は、建物と建設を完全な脱炭素化に移行させるには、建物のライフサイクル全体の観点から「炭素排出量」にアプローチする必要があると述べました。一定期間にわたる建物の建設と運用に関連する将来のコスト。

彼女はセクターに対し、効率的な設計とシステムを含む運用におけるエネルギー効率の改善、再生可能エネルギーへのアクセスの増加、材料の密度の増加と内包炭素の削減による建設プロセスの影響の削減など、排出循環削減イニシアチブに焦点を当てるよう求めました。材料。

英国の専門家は、自国のネット ゼロ カーボン ビルディング フレームワークやネット ゼロ カーボン ビルディング基準など、この部門を脱炭素化する方法を提示しました。

ワークショップは以前、12月14日にハノイで開催され、英国大使館の気候カウンセラーであるロナルド・ボーランダー氏は、彼の国はベトナムのグリーン成長アジェンダを支援することを約束していると語った.

大使館、建設省、ベトナム グリーン ビルディング評議会が主催する一連のネット ゼロ ビルディング ワークショップは、持続可能な建設を促進することを目的としています。

.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *