ヘルスケア バイオコンバージェンスの市場規模、シェア、トレンド

1月、ニューヨーク 06, 2023 (GLOBE NEWSWIRE) — Reportlinker.com は、レポート「ヘルスケア バイオコンバージェンス市場規模、シェア & トレンド分析レポート、アプリケーション別、地域別、セグメント別予測、2022 ~ 2030 年」のリリースを発表します – https://www.reportlinker .com/p06377956/?utm_source=GNW

ヘルスケア バイオコンバージェンス市場の成長と動向

世界のヘルスケア バイオコンバージェンスの市場規模は、2030 年までに 2,152 億米ドルに達すると予想されています。市場は、高齢者人口の増加、幹細胞技術の利点に関する上昇などの要因により、2022 年から 2030 年にかけて CAGR 7.4% で拡大すると予想されています。損傷した細胞、組織、臓器を修復し、ロボット工学、機械学習、インテリジェント イメージング、エルゴノミクス (個人とその環境との関係)、生命科学と人工知能などのハイテク技術と進歩を統合します。 ヘルスケア以外にも、バイオコンバージェンスは、農業、エネルギー、食品、セキュリティ、気候など、さまざまな分野で応用されています。

COVID-19 のパンデミックは、医薬品の研究、健康技術、医療技術に大きな影響を与えました。AI や ML などのハイテク技術をバイオテクノロジーの研究開発部門に組み込むことで、病原体の理解と、治療薬やワクチンの開発が促進されました。世界中のウイルスの拡散を制御します。

高度な工学、生物学、物理学、および計算科学の融合により、医薬品開発のペースが大幅に向上しました。 2021 年の学術論文 Frontiers in Medicine によると、AI などの高度なテクノロジーは、COVID-19 の効率的な診断、予後検査、流行予測、創薬に役立っています。

デジタルの進歩が受け入れられるようになるにつれて、クラウドベースのソリューションは製薬業界で指数関数的なペースで進化する可能性があります。 再生医療は、専門知識とライフ サイエンス、先端工学、ロボット工学、コンピューター サイエンス、自動化を融合させて、生体内修復の要素を提供することで進化しています。

ヘルスケア バイオコンバージェンス市場レポートのハイライト
• アプリケーションに基づいて、創薬は 2021 年の 20.0% の収益シェアの点で市場を支配し、2022 年から 2030 年にかけて 8.2% という最速の CAGR を目の当たりにすることが期待されています。 (神経系疾患、循環器疾患など)、医療費の増大、流行薬の特許終了間近
• 再生医療セグメントは、パーキンソン病、アルツハイマー病、脳損傷組織修復などの慢性疾患を治療し、標的指向によって慢性疾患を治療する並外れた可能性により、2022 年から 2030 年にかけて 8.7% という最速の CAGR を目撃する可能性があります。 、および正確な薬物の部位特異的送達
• 2021 年には、革新的な医学的および科学的治療法を特定して作成するための強固な基盤となる主要な研究機関、病院、および医療センターの存在により、ヨーロッパが 29.8% の収益シェアで市場を独占しました。
レポート全文を読む: https://www.reportlinker.com/p06377956/?utm_source=GNW

Reportlinkerについて
ReportLinker は、受賞歴のある市場調査ソリューションです。 Reportlinker は、最新の業界データを見つけて整理するので、必要なすべての市場調査を 1 か所で即座に入手できます。

__________________________

        

.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *