テキサス州は水素エネルギーのハブになるチャンスがある

すでに海岸沿いに 1600 マイルを超える水素パイプラインが建設されているテキサス州は、急速に水素ハブになる能力を備えた国内で唯一の州です。 規制構造とインセンティブを導入することで、テキサス州議会はこれを実現できます。

ヒューストン エネルギー移行イニシアチブ (HETI) は、グレーター ヒューストン パートナーシップとヒューストン未来センターの協力を通じて、政策、インフラストラクチャ、イノベーション、そして才能。

水素がわが国のエネルギーの未来において重要な役割を果たすことは間違いありません。 連邦政府、大手金融機関、規制機関が企業に排出量削減を迫る中、テキサス州はエネルギーに関して常に行ってきたことを実行しなければなりません。つまり、エネルギー生産の向上とテキサス州民の雇用増につながる新技術の開拓です。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *