オックスフォード大学、コンピューティングの学位を「非植民地化」し、奴隷関係を重視

オックスフォード大学は、奴隷制度が機械学習に関連しているとされることから、コンピューティングの学位課程を「脱植民地化」すると述べている。

大学のコンピューター科学部門は、「支配と征服の世界的な歴史が、彼らが目にする科学の仮定構造と彼らが遭遇する仮定にどのように影響したか」を学生に示すために、モジュールをオーバーホールしました。

「カリキュラムを非植民地化することが何を意味するのかを理解し、何世紀とは言わないまでも、何十年もの間、当然のことと考えられてきた先入観を調査する」ことに尽力していると述べています。

英国で最も古いコンピューター サイエンスのハブの 1 つであるこの学部は、「新しいテクノロジーが個人、コミュニティ、社会全体に有害な影響を与える可能性がある」という「認識が高まっている」と述べています。

しかし、レスリー・アン・ゴールドバーグ教授が率いるこの部門は、アメリカの過激で批判的な人種理論によって「植民地化」されているとして批判を受けている.

「私たちは、これらの影響を理解するだけでなく、植民地時代の過去に根ざしていることが多く、最も穏やかな場合でも西側の基準と理解を他国に押し付けようとし、最悪の場合、地元の人口を奴隷にして減少させ、分断を生み出していることを理解する必要があります。そして、機械学習で頻繁に使用される膨大なデータセットで複製される価値の階層」と教職員長は述べています。

先週、学位基準について大学に助言している団体が現在、ほとんどの教科分野を非植民地化することによって「目を覚ます」ようキャンパスの責任者に促していることが明らかになった.

Quality Assurance Agency の新しいアドバイスでは、コンピューティング コースでは、主題内で「植民地の価値の分割と階層がどのように複製され、強化されるか」に対処する必要があると述べています。 一方、数学のカリキュラムは、多文化的で脱植民地化された見方を提示する必要があります。

オックスフォードのコンピューター科学部門は、大学が「深く間違った偏見や偏見に根ざした態度や慣行から恩恵を受け、永続させてきた」ため、「非人種差別主義者であることは不十分」であると発表した.

その結果、「真に代表的な研究を行うには、脱植民地化を含む反人種差別主義者の立場が必要」であり、「過去の意識的および無意識的な偏見を拒否する」と主張している.

学部の新しいモジュールには、社会におけるコンピューターに関するものと、倫理と責任あるイノベーションに関するものがあります。

この動きは、英国の大学が人文科学コースから数学、科学、工学の学位へとますます重点を置いて、大英帝国の病にますます焦点を合わせていることから来ています。

同省は、「コンピューター サイエンス自体は、地域のニーズや状況に関係なく、特定の文化的および社会的状況向けに設計された技術を世界の他の地域に輸出する、植民地時代のシステムとして特徴付けられてきた」と付け加えました。

そのため、「デジタル イノベーション、デジタル コンテンツ、デジタル データの脱植民地化に取り組み、データベースと画像が先住民族の知識システムをどのようにサポートできるかを調査することが急務である」と述べています。

Free Speech Union の代表である Toby Young 氏は The Telegraph に次のように語っています。

「これからは、英語であろうとコンピューターサイエンスであろうと、大学でどの科目を勉強することを選択しても、重要な人種理論について教えられます。」

オックスフォード大学によって確立された研究プロジェクトの中には、学生が公平性と責任メカニズムをツールとシステムの設計に組み込むのを支援する「倫理的ハッカソン」モデルがあります。

オックスフォード大学のスポークスマンは次のように述べています。

ほとんどの科学コースには、科目に関する倫理的および社会的問題をカバーするコンテンツが含まれています。 このようなコンテンツは、エンジニアリング機関などの認定機関によって正式に要求されることがよくあります。」

.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *