イリノイ州エネルギー コンソーシアム POWERED by FUTURE GREEN が MIDWEST TRANSIT EQUIPMENT と提携し、電気スクールバスを改造してディーゼルと同等の価格を実現

シカゴ11月 2022年17月17日 /PRNewswire/ — シカゴ – 未来のグリーンおよび中西部交通設備 (MTE) を活用するイリノイ州エネルギー コンソーシアム (IEC) イリノイ州カンカキー 電動スクールバスをより多くの人に届けるために提携しました イリノイ州 学区。 このパートナーシップにより、電動スクールバスを所有および運営するためのコストは、ディーゼルバスを所有および運営するための価格と同等またはそれ以上になります。

このパートナーシップは、再生可能エネルギーの生産と調達における IEC Powered by Future Green の専門知識を活用しています。 ほとんどの場合、学区は、オンサイトのソーラー、充電インフラストラクチャ、改造された電気スクールバスの設置を、ほとんどまたはまったく初期費用なしでパッケージ化できます。 バスは、Vehicle-to-Grid 機能を完全に提供できるようになります。

IEC Powered by Future Green のマネージング ディレクターである Haj Young 氏は、次のように述べています。 「イリノイ州の 70 近くの学区が EPA クリーン スクール バスへの資金提供の待機リストに載っており、電気スクール バスをコミュニティに導入したいという願望があります。この手頃な価格の機会を学校に提供できることを非常に楽しみにしています。待ってください。

スクールバスの改造には、電動パワートレインへの変換に加えて、ICバスの完全な改修が含まれます。 このパートナーシップは、今後 5 年間で 10,000 台のスクールバスを SEA-Drive(R) 電源システムで 100% 電気に変換するという MTE の SEA Electric との計画によって促進されます。 この変換により、学区に健康、環境、および経済上の利益をもたらす、ほぼ新しいゼロ エミッション バスが生まれます。

「使用済み IC バスの品質は、SEA-Drive(R) 電源システムの高度な技術と完全に一致します。IEC Powered by Future Green チームの再生可能エネルギーとエネルギー調達の専門知識により、この電気バスへの切り替えが行われます。このパートナーシップの最もエキサイティングな部分は、EPA の資金を逃したすべての学区がもはや待つ必要がないことを知っていることです」と付け加えました。 スコット・ソチャキ、販売担当副社長、中西部輸送機器。

このパートナーシップは、SEA Electric の SEA-Drive(R) 電源システムを搭載したタイプ A とタイプ C の両方のスクールバスを対象としています。 SEA-Drive(R) 動力システムは現在、4 つの大陸と 7 か国のバスと作業用トラックに動力を供給しており、世界中で 200 万マイル以上の実地で使用されています。 このパートナーシップは、二次利用の ESG 原則を促進すると同時に、廃棄物を削減し、ディーゼル微粒子を排除し、最も重要なこととして、学生とスタッフの健康と福利にプラスの影響を与えます。

「私たちの最初の改造されたバスは、1 月に子供たちの移動を開始する予定です。このバスは、IEC によって設計され、Future Green チームによって電力を供給される屋上ソーラー アレイからエネルギーを供給されます」と彼女は言いました。 ティム・ファーカー、教育長 ウィリアムズフィールド バス 2 グリッド イニシアチブの学校および管理責任者。 「オンサイトの太陽光発電とフリートの電化により、エネルギー コストが 60% 削減されると予想しています。変換されたバスは、全体的なエネルギー節約と排出削減戦略の重要な部分です。」

イリノイ エネルギー コンソーシアム (IEC) Powered by Future Green フューチャー グリーンを利用したイリノイ エネルギー コンソーシアム (IEC) は、 イリノイ州 最大の電気および天然ガスプール。 彼らは、政府のインセンティブ プログラム、ボリューム プライシング、および電力購入契約を活用して、学区が事前の自己負担費用なしで現場にソーラー アレイを設置できるように支援しています。 IEC Powered by Future Green はまた、Bus-2-Grid イニシアチブを活用して、電気スクール バスのバッテリーのエネルギー貯蔵容量を解き放ち、メンバーの全体的なエネルギー節約と排出削減計画にスクール バス車両の電化を含めます。 イリノイ州学校管理者協会、イリノイ州教育委員会協会、イリノイ州学校事業関係者協会の非営利イニシアチブである IEC Powered by Future Green メンバーは、安定した長期的な低コストの再生可能エネルギー ソリューションを提供します。環境に責任があります。 Econergy LLC は、IEC Powered by Future Green のプログラム マネージャーです。

中西部輸送機器 (MTE)
国内最大のバス ディーラーの 1 つとして、Midwest Transit Equipment は毎年数千台の新品および中古バスの販売とサービスを行っています。 MTE には 9 つの拠点があり、従業員は 400 人を超えます。 500万ドル 部品在庫。 SEA Electric との 10,000 ユニットのパートナーシップにより、MTE は今後 5 年間で 10,000 台のスクールバスを SEA-Drive(R) 電源システムを使用して 100% 電気に変換する態勢を整えています。学校や地域社会への経済的利益。

画像添付リンク:

リンク: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=434203

シシオン

シシオン

元のコンテンツを表示してマルチメディアをダウンロード: https://www.prnewswire.com/news-releases/illinois-energy-consortium-powered-by-future-green-partners-with-midwest-transit-equipment-to-bring-transformed -電気スクールバス-to-price-parity-with-diesel-301682334.html

ソース中西部輸送機器 (MTE)

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *