「地域社会は野生生物から恩恵を受けなければならない」- 環境・観光大臣

ヘラルド

Africa Moyo副ニュース編集長

環境、気候、観光、ホスピタリティ産業の大臣であるマンガリソ・ヌドロブ氏は、コミュニティは絶滅危惧種の密猟に取り組むために十分に関与する必要があると述べています。

今週パナマで開催中の絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)締約国会議の第19回会合での演説で、ヌドロブ大臣は、国境を越えた組織犯罪が絶滅危惧種を脅かしており、コミュニティは挑戦と戦うためにロープで縛られます。

2015 年 7 月 30 日、国連総会は「野生生物の違法取引への取り組み」に関する決議を採択しました。この決議では、保全と持続可能な利用の積極的なパートナーとして、野生生物の生息地およびそれに隣接する地域社会が全面的に関与することが奨励されています。そのようなコミュニティのメンバーが野生生物と生息地を管理し、そこから利益を得る権利と能力。

さらに、2015 年 9 月 25 日の国連総会では、17 の目標と 169 の関連ターゲットを含む「私たちの世界を変革する: 持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」に関する決議も採択されました。

目標の 1 つは、持続可能な生計の機会を追求するための地域社会の能力を高めることを含め、保護された種の密猟や取引と闘うための取り組みに対する世界的な支援を強化するよう、国連加盟国に要請しています。

絶滅危惧種を保護するための国連の取り組みを考えると、ヌドロブ大臣は、CITES がその意思決定プロセスにおけるコミュニティの関与に後れを取り続けることはできないと述べました。

「私たちは、ワシントン条約に掲載されている種の保全と持続可能な利用に関連する伝統的なライフスタイルを具現化する先住民や農村コミュニティの知識、革新、実践を尊重し、保存し、維持する必要があります」とヌドロブ大臣は述べました。

「CITESレベルの意思決定メカニズムが、土地を共有し、野生生物から生計を立てている人々のニーズを考慮し、農村コミュニティが彼らのニーズを擁護するのに最適な立場にあることを認めるとき。 その後、CITES は進歩的な条約になります。

「先住民族と地域社会の完全かつ有意義な関与がなければ、CITES は非生産的ではないにしても効果が低くなります。」 Ndlovu大臣は、持続可能な開発を促進し、地球の危機に対処する上で、地域の行動がいかに極めて重要であるかを決定するのは地域社会であると述べました。

個々の種を保護し、生態系を復活させるという課題は、地域社会を巻き込むことと密接に連携しなければならない、と彼は付け加えた.

ジンバブエを含む世界のほとんどの地域で、野生生物の生息地の近くまたはその中に住むコミュニティは、人々が殺されたり、負傷したり、作物が破壊されたりしているにもかかわらず、動物から何も得られていないと訴えています.

これにより、彼らの一部は密猟シンジケートと協力して、生計を立てるためのお金を稼いでいます。

その結果、Ndlovu 大臣は、地域社会が認められ、その権利がしっかりと優先されることを望んでいます。

「社会正義は、現在交渉中の2020年以降の世界的な生物多様性の枠組みにおける保全活動の成功にとって極めて重要です。 この問題は、CITES の下でそれに値する注目を集めなければなりません」と彼は言いました。

「CITESの決定プロセスへの地域社会の参加とその代表の増加は、より良いコンプライアンスと強力な地域リーダーシップをもたらし、これらはすべて、より良い生態学的および生物多様性の結果につながります。

「地域社会は、自然と人間の幸福が結びついた健康な世界を維持するための世界的な取り組みの中心にあります。 気候変動とグローバル経済モデルを再考する機会の時代に、コミュニティに新たな焦点を当てることが、私たちが本当に必要としているものかもしれません。」

他の発表者は、ワシントン条約の意思決定メカニズムへの先住民や農村コミュニティの参加は長い間無視されてきたが、物語は変えることができると確信していると述べた.

Ndlovu 大臣は、CITES の第 19 回 COP において、分野横断的な Rural Communities Advisory Sub-Committee を設立することが「最善の利益」であると述べました。

地域社会の参加は、世界中の持続可能な開発目標の達成と、ジンバブエの高中所得社会のビジョン 2030 に役立ちます。

CITES 会議は 11 月 14 日から 25 日まで開催され、184 の締約国から 2,000 人以上が参加しました。

600 種以上の動植物の将来に影響を与える決定を下し、世界中の野生生物の国際取引を形作る規制を導入します。

世界野生生物会議としても知られる CoP19 では、52 の提案が提出され、ゾウ、爬虫類、カバ、サイ、200 種の樹木などの国際取引に関する規制に影響を与えます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *